20120329999001.jpg
ガイアノーツより発売されたバーチャロンカラー
第一弾としてウォームホワイト、アイスコバルトブルー、ビビットオレンジ
フレームメタリック、フレッシュミントグリーンの5色が発売されました。
なかなか良さそうな色だったので一通り購入。早速吹きつけてみました。

20120329999002.jpg
ちなみにNo4フレームメタリックのみメタリックカラーとなっていて
価格はいつもの瓶入り(15ml)で315円です。
今回はいつも使っている似たような色も吹きつけ比べてみました。


20120329999003.jpg
まずはNo1ウォームホワイト。サフの上から直接吹き付けています。
左がウォームホワイト、右がクレオスのクールホワイト。
名前の通りウォーム系のホワイトです。
白は混色する時神経質になるのですがコレならそのままサクっと使えて楽そうです。
隠蔽力も問題なくサフの上から綺麗に発色しました。


20120329999004.jpg
(左)No2アイスコバルトブルー (右)フィニッシャーズスーパーファインコバルト
下地はファンデーションブルーです。
アイスコバルトブルーはSFコバルトと比べると白が多めでやや淡い色彩。
白が多い分隠蔽力が高めで発色しやすいです。
ただし半光沢なのでツヤを出す場合クリアコートが必要になります。


20120329999005.jpg
(左)No3ビビットオレンジ (右)ガイアノーツ橙黄色
下地はホワイトです。
名前の通り橙黄色と比べると鮮やかな色合い。


20120329999006.jpg
(左)No4フレームメタリック (右)ガイアノーツガンメタル
こちらは黒を下地にしています。
ガンメタルから赤味を取ったような色で、粒子も細かく良い感じ。
1/144だとこのぐらい細かい方がスケール感を損なわなくて使いやすいですね。

※仕上げはクリアコート無しで最適な質感となります。(メタリックマスター使用によるクリアコートも可能です。)
エナメル系塗料によるスミ入れは、軽く拭き取る程度なら問題ありません。
(ただし、コンパウンドには弱いので注意が必要)
との事なので扱いがややデリケートそうです。


20120329999007.jpg
フレッシュミントグリーンは手持ちに似た色がなかったので単色で。下地はホワイト。
明るく爽やかなミントグリーンです。
これはディジェとかドーベンウルフあたりに使えるかな。

5色試してみましたが個人的にはウォームホワイトとフレームメタリックが重宝しそう。
ウォームホワイトは混色の手間省けますし、フレームメタリックは粒子の細かさが良い感じです。
早速ダブルバレットの白にコレを使ってみようかと。

(amazon)


(あみあみ)
電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ VO-01 ウォームホワイト
電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ VO-02 アイスコバルトブルー
電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ VO-03 ビビットオレンジ
電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ VO-04 フレームメタリック(1)
電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ VO-05 フレッシュミントグリーン
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.