20120608888005.jpg
エアブラシを使っているとレバーの動きが悪くなったりする事があります。
大抵レバー基部などにグリスを塗れば直るのですが今回はそれも効果ないのでちょっとばらしてみました。

20120608888006.jpg
ニードルを取った後、マイナスドライバーを差し込み奥のネジを緩めると画像のようなニードルパッキンが取れます。
古いものや廉価なエアブラシだとゴムのOリングですが
最近の物は大抵このようなテフロンパッキンがはまっています。


20120608888007.jpg
このパッキンが痛むと塗料が漏れだし、その塗料が固着してニードルのスムーズな動きを妨げてしまいます。
今回はココがダメになっていました。
メーカーにオーバーホールを頼んでも良いのですが
自分で交換した方が早く安上がりなので新品のテフロンパッキンを買いました。
模型店が近くにない場合メーカーでも大抵取り寄せられます(リンク先はクレオス)
価格は800円ほどです。


20120608888008.jpg
作業は新品のニードルパッキンを戻すだけですが1つ注意点があり、
ネジをしめすぎるとニードルが入らないほどパッキンが潰れてダメになってしまいます。
かといって緩すぎても塗料が漏れてしまうので軽い引っ掛かりを感じる程度になるようネジを少しずつ締めて調整します。
この時はニードルを反対にしておくと先を曲げる心配がありません。
エアブラシは基本的に手を入れなくても長く使えますが妙な引っ掛かりが出てきたらココを調べてみると良いかもしれません。


20120608888002.jpg
そして表面処理も終わったので塗り始めているAGE-3
ノーマルは1&2同様オーソドックスに塗ろうと思います。
白はクールホワイトにダークアースを少し混ぜたものを吹き付け。


20120608888001.jpg
青はバーチャロンカラーのアイスコバルトブルーにマゼンタを混ぜ、若干赤味を強くしたものを吹き付けました。
バーチャロンカラーは半ツヤなので後に貼るデカールが馴染みやすいよう
予め光沢クリアも吹きつけておきました。


20120608888003.jpg
AGEは額の塗り分けが面倒なポイントなんですが今回は頭部パーツと別パーツ。
なので銀→クリアグリーン→クリアと吹いた後、エナメル塗料を吹き付けました。
真っ黒だとキツいのでグレーも混ぜています。
胸部分は普通にマスキングで処理しておきます。


20120608888004.jpg
そして乾いた後にエナメル溶剤を含ませた細い綿棒で拭き取れば簡単に塗り分けられます。
これで大体基本塗装は終わったので後は細かいダクト部分などのマスキングですね。

(amazon)

・SHFコズミックステイツ等が予約開始です

(あみあみ)
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 44.ナランチャ・ギルガ&エアロスミス
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ モジュールセット04
ULTRA-ACT 電光超人グリッドマン
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.