2012082711001.jpg
オービタル&00同様に塗る事にしたFX。
このキットは良く出来ていて手間がかかりません。
合わせ目も殆ど無く接着するのは画像のものと顔ぐらいです。


2012082711002.jpg
頭部はフェイスパーツ裏のピンを少し残して切り取り、
頬部分を若干削っておくと


2012082711003.jpg
画像のように真下からはめ込む感じで後ハメが可能です。
ただ一度はめると取り外しが困難なので接着後は要注意。


2012082711006.jpg
首のポリキャップは段差を切り取り、薄いプラ板で囲って塗装しやすくしておきました。


2012082711004.jpg
後はHG基準で太くなっているアンテナなどを鋭く削りこみ。
より鋭い顔つきになるようにヒサシ部分にプラ板を貼り、削りこんでおきます。


2012082711005.jpg
後頭部のアンテナ?も厚く感じるので先端は半分程度の薄さまで削りこみました。
モールドもそのままだと無くなるので彫り込んでおきます。


2012082711007.jpg
後はCファンネルをひたすら薄く加工。
クリアパーツは傷取りが面倒なので自分は600番ぐらいのヤスリから根気よく削ってます。
削る際にはマスキングテープをエッジ部分に貼っておくとエッジが潰れるのを防げます。


2012082711008.jpg
加工前と並べて。
このぐらいまで薄くしてみました。
全身にあるパーツで目立つ武器なので面倒ですがやる価値はあるかなーと思います。

(プレミアムバンダイ)
■ROBOT魂 ボリノークサマーン
など1月発送分が追加されています。

(amazon)

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.