2013051444034.jpg
だいぶ完成に近づいてきた00
今回は残しておいたクリアパーツの加工です。

2013051444035.jpg
ソードやカタールはクリア刃が特徴的な武器ですが、
キットのパーツは先端が丸く、厚みのある箇所はヒケが目立つので400番ぐらいのやすりで
断面が▲になるよう薄く鋭く加工した後800、1000、2000のペーパーを順番にかけていきます。
クリアパーツは傷が目立つのでできるだけこまめに番手を変えていくと綺麗に仕上がります。


2013051444036.jpg
後は磨き作業ですが、結構大変なので少しでも楽できればと
スジボリ堂から発売されている小型バフ マイクロポリッシャー123を使ってみました。
価格は1,995円でリューターに取り付けて使うバフが3つがセット。
使うコンパウンド用にそれぞれスポンジのキメが違います。
根本で色分けもされているので管理も楽なよう工夫されていますね。


2013051444037.jpg
粗目用スポンジと粗目のコンパウンドでまずは磨いてみました。
リューターに取り付けて磨くので力を入れすぎる事なく均一に磨けます。


2013051444038.jpg
しっかり洗浄してから次は細目で磨きます。
リューターを持ってパーツにあてるのですが
回転方向を意識しないと切っ先がスポンジに食い込んで破損してしまう恐れがあるので細い物を磨く時は注意が必要です。
この時点でほぼ完璧に傷は消え、加工前と同じ透明度になりました。


2013051444039.jpg
十分傷が消えたので自分はここでやめましたが研ぎ出しをする場合はさらに仕上げ目で仕上げます。
かなり磨きが楽になるツールでしたが細かいコンパウンドのカスが飛んでしまうので
汚れるとマズイ場所では作業しないほうが良さそうです。


2013051444040.jpg
後は仕上げに軽くマジョーラを吹きつけてちょっと変わった光り方をするようにしておきました。
これでクリアパーツの加工はおしまいです。

(amazon)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.