2013070111006.jpg
スミ入れなども済ませたので組み始めているバルキリー。
キャノピーはクリアパーツでデカールか塗装の必要があるもののパーティングラインはなく
磨く手間は無かったです。

2013070111005.jpg
外側のフレームは別パーツなものの前後をわけるフレームはシールかデカールで黒を補います。
今回は透け防止にマスキングして枠を塗装。裏側には付属のシールを貼っておきました。


2013070111009.jpg
コクピットの計器類はデカールが付属しているので塗装の必要はありません。


2013070111007.jpg
着陸脚はタイヤを塗装。シリンダー部分はミラーフィニッシュを貼りこんでおきました。


2013070111008.jpg
ランディングギア収納部分のパネルはそのまま組むと左にあるC14のハッチが
きちんと閉まらず浮いてしまったので○で囲っている部分をデザインナイフの先で地面側に少し彫り込んでおきました。
こうすればパーツが浮かず綺麗なラインになります。


2013070111002.jpg
バトロイド時の胸パーツはデカールが付いてきますがモールドが多く、塗装した方が良さそうなので塗ってしまう事に。
付属のシールを指で触るなりして粘着力を落としたら胸に貼り、それをガイドに白部分をマスクします。
黒はウイノーブラック、赤はハーマンレッドに黒を少し混ぜたものを吹き付けます。


2013070111004.jpg
赤を吹き付けたら一旦シールを剥がしマスキングテープの上にシールを貼ったら上から赤部分を丁寧にカット。
シールを剥がしカットしたマスキングテープで赤部分をマスクします。
後は黒を吹き付ければ完成ですが中央の丸い部分のフチはテープが浮きやすいのでしっかり爪楊枝などで密着させておきます。


2013070111001.jpg
こんな感じで無事塗り分けられました。
翼部分も同様にデカールではなく塗装で済ませようと思います。


2013070111010.jpg
後はパーツを組み付けて機首部分は大体終わりです。
後はデカールを貼る前にマルイチモールドの凹みをエナメル黒で塗っておかないとですね。
(amazon)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.
まとめ