2013072444001.jpg
少しずつ手を付け始めたギラ・ドーガ。
今回は頭部やスラスター回りを加工していきます。
まずは耳のダクトですがプラのパーツが厚い感じがしたので1/3程度の厚みになるよう内側を削りこみました。

2013072444002.jpg
口もモールドが浅かったので開口しフチを薄くしておきました。
後はおでこ部分のモールドがだるめなので彫り直しておくと良いと思います。


2013072444003_20130724204806.jpg
バーニア類は奥のジョイントで埋まってしまっているので1mmドリルで開口。
同サイズの真鍮パイプをカットして埋め込みます。


2013072444004.jpg
これでノズル部分が出来ました。
アップにしたら断面が荒れているので後で均しておかないとですね。


2013072444005.jpg
足のバーニアも埋まっているのでドリルで開口してしまいます。
大きな方は2.5mm、カカトの小さいバーニアは2.0mmで開けました。


2013072444006.jpg
その後デュアルパイプを埋め込んでノズルを作ります。
別パーツ化しておけば塗り分けも楽できますがほとんど見ない部分なので開口するだけでも良いかも。


2013072444007.jpg
左肩のスパイクは長く鋭くしますが右側は好みで縮めます。
それと先端にマイナスモールドも取り付けるのでカット後にリーマーで穴をすり鉢状に加工しておきます。


2013072444008.jpg
3.5mmのマイナスモールドを取り付け。
そのままつけるとぽっと付けたように浮いてしまうのですが
すり鉢状にしてから取り付ければ埋め込まれたようになります。
後はひたすら表面処理をしていかないとですね。

(プレミアムバンダイ)
■MG ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)
■HG ガンダムアストレイゴールドフレームアマツ
・受注開始されています

(amazon)

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.