dim.jpg
塗装して完成させました。
デュナメスのほうが強そうとの評判のケルディムでございます。
足首以外はOOとほぼ同じ可動なのでポーズつけてて楽しいですよ。

では続きは↓

パチや後ハメなんかはこっちでどうぞ


IMGP2638.jpg
前から。プロポーションは問題ないと思います。
足が独特の形状してますね。


IMGP2640.jpg
後ろから。前つくったデュナメスに合わせて
シールドビットはパールメタリックの研ぎ出しです。


IMGP2279.jpg
IMGP2641.jpg
バストアップ。そこそこデカール貼ってます。
肩装甲なんかの○モールドはピンバイスで2段に削って
立体感つけたあとエナメルチタンシルバーで塗ってます。


IMGP2293.jpg
膝や肘なんかにはGNコンデンサが。
裏を銀、表クリアカラーで塗装した後、基部にアルミテープ貼ってます。


IMGP2292.jpg
バックパック。
ピストルやライフルは好みで塗りました。


IMGP2301.jpg
スミイレはジャーマングレーメインで黒部分はホワイト使ってます。


IMGP2289.jpg
顔アップ。額のクリアパーツが若干ポロリしやすいので紛失には注意を。
角なんかは削って鋭くしてます。


IMGP2297.jpg
GNスナイパーライフル2
だいぶデュナメスのとデザイン変わってますね。


IMGP2299.jpg
足のアンカーが可動するおかげで
結構無理な姿勢でも安定して飾っておけます。


IMGP2300.jpg
スナイパーライフルは折りたたんで3連バルカンモードにできます。
こっちのほうが好きかもしれない。


IMGP2284.jpg
GNビームピストルⅡ
斧っぽい状態からグリップを可動させてピストルモードに。
白い部分はパールホワイトにしました。
黒い部分はグラファイトベースメジアム


IMGP2282.jpg
こんな感じに使うんでしょうかね。


IMGP2262.jpg
そしてメインのシールドビット分離。
デュナメスもそうだったんですがパール塗装だと
研ぎだしてもなんかぼやけて写っちゃうなあ。


IMGP2264.jpg
GNドライブは外付けになってます。
ビット外すと丸見え。


IMGP2265.jpg
ビットはこんな形だと少々スタンドが倒れやすいかも。


IMGP2266.jpg
頭部ガンカメラ展開。
シルバーの上にクリアブルーです。


IMGP2275.jpg
こんな感じで使われるんでしょうかね。
色レシピは
■赤→(C)モンザレッド
■黄色→(C)キアライエロー+(C)黄燈色
■緑→(C)モウリーグリーン+(C)ニュートラルグレー+(C)ジャーマングレー+(C)ブラック
■緑2→↑にFGパールグリーン
■グレー→(C)ニュートラルグレー+(C)ジャーマングレー
■白→(C)クールホワイト+(C)明灰緑色(中島系)
こんなとこです。いつものようにつや消し部は自作フラットクリアー。
シールドビットは(F)オートクリア研ぎ出し


IMGP2272.jpg
ホントぐりんぐりん動くのでスタンドはあったほうがいいかも。
スタンドあるとOO系はかなり遊べますよ。


IMGP2267.jpg
トランザム時に出現するというフォロスクリーン。
バックパックからアームを展開し取り付けます。


IMGP2271.jpg
ポーズとらせるとかっこいいなあ。


IMGP2285.jpg
大きさ違うけどデュナメスと。
結構共通項ありますねー。


IMGP2642.jpg

IMGP2288.jpg
以上、HGケルディムガンダムレビューでした。
動かして遊ぶとスゲー楽しいですが
合わせ目消しが結構面倒だったかなー。
他の部分はホントよくできてます。
銃なんかもトリガーのところまでしっかり差し込むとちゃんともてるので
遊びやすいです。
パチ派にもオススメできるプラモですねえ。

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.