2014041444004.jpg
デカールやクリア吹きも終わらせたサザビー。
クリアが硬化したので最後の仕上げ、研ぎ出しを行います。

2014041444001.jpg
以前も何度かやりましたが研ぎ出しというのは吹いたクリア部分を
軽く削って小さな凹凸を均し滑らかにしたらコンパウンドでツヤを戻す作業です。
非常に手間がかかりますが、成功すると鏡面のような美しいツヤが出ます。
まずは2000番以上のヤスリでそっとヤスり、画像のようにつやありの表面を満遍なくつや消しの状態になるように削ります。
上がヤスリがけ前、下が後です。


2014041444003.jpg
この際デカール周りを削るとデカールの段差部分がつやありで残りますが


2014041444002.jpg
この部分もつや消しになるよう丁寧に削るとデカールの段差が消え、
白部分だけを印刷したような綺麗な仕上がりになります。
ただサザビーは複雑なモールドや分割の関係で途中で途切れたようなパーツが多いので
エッジを削ってしまいやすく、ウレタンクリアを吹いているので失敗して下地が出た場合
塗装を全部落として1からやり直しになってしまうので慎重に作業します。



2014041444005.jpg
ヤスリがけが終わったらツヤを戻す作業です。
まずは粗目のコンパウンドを布に付けて磨き、小さいヤスリ傷を取り除きます。
粗目は削る力が強いのでココもエッジの塗膜を削らないよう注意して磨きます。


2014041444006.jpg
一通り磨いたらしっかり水洗いし残ったコンパウンドを取り除きます。
次は細目のコンパウンドを使いツヤを戻していきます。
これで大体ツヤが戻るのでココで終わらせても良いと思います。


2014041444007.jpg
もう一度洗浄し、最後はより細かいセラミックコンパウンドで仕上げます。


2014041444008.jpg
最後の水洗いを行いコンパウンドを落とすと綺麗なツヤのある表面になりました。
正直本当に面倒なのであまりおすすめは出来ませんが、
グロス塗装した場合目立つ部分だけでもやると結構印象が違います。


2014041444009.jpg
ちまちまと磨き終わった部品類。
これでやっと3割ぐらいなのでまだまだ磨かないといけませんね。

(amazon)




■MG サザビーVer.Ka (あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.