IMGP2480.jpg
今日はHGセラヴィーパチ組してみたのでパチレビューでも。
OO2期のプラモは可動なんかも素晴らしいんですが
このセラヴィーすごいゲートが短い(というかほぼない。タッチゲート?)なので
すげー切り辛かったです。
タミヤの薄刃でも切りにくいなあオイって感じだったので
ニッパーの刃が厚めだと苦労するかも。

※塗装して完成させました。(12月12日UP)

では続きは↓

IMGP2465.jpg
では素立ちで前から。
やっぱり下半身ののっぺりっぷりが気になるなあ。
何かモールドなりなんなり追加したほうがいいですねこれ。


IMGP2466.jpg
後ろから。背負い物がでかい。
キャノンや背負い物はノッペリしてまずいだろなと思っていましたが
モールドが追加されていい感じの密度になってます。
黒い部分より白い部分のほうに手を入れたほうがいいかなーと思います。


IMGP2467.jpg
OOガンダム系のPCなので可動範囲は問題なし。
手首のスナップもあるので武器もしっかりホールドできます。
手首も含め180度曲がりますよ。


IMGP2468.jpg
足。足首の関節が凝っているのでこの形なのにだいぶ接地性は良好です。
削ればもっとべったり接地しそうだけどそこまで大股開きのポーズする機体でもないし
このままでいいかなーと感じます。
膝の可動は申し分なし。よく曲がります。


IMGP2469.jpg
いかにも背中の人になりそうな背負いモノ。
プラモだとちゃんと足にあたる部分に足首や膝がモールドされてます。
分離したりしたら切り刻んで作る人いるでしょうねー。
このままだと正座チックでこれもまた風情が・・・


IMGP2470.jpg
バストアップ。角は鋭くしておきました。
頬と角を少々削るだけでだいぶ精悍になりますねー。
白い角部分の角度が面白い。


IMGP2471.jpg
フェイスバースト。
差し替え無しで展開できますがどうにも目元が暗くなります。
目はかなり派手目にぬったほうがいいかも。


IMGP2472.jpg
4本きゃのーん。
肩のキャノンは結構柔軟に動きます。
全体的に平面で構成されてるので合わせ目は段落ち処理でもワリと良さそうですが
その分ヒケが目立ちますね。


IMGP2473.jpg
GNバズーカⅡ。二本もってます。
6本きゃのーn。
これポロリしそうだなーって思ってたんですがしっかりホールドできます。
遊ぶ時ここがポロリ仕様だとストレスたまるので嬉しい。


IMGP2474.jpg
肩や膝にジョイントしてバスターキャノン状態に。
これまたポロリなし。なのはいいけど塗装派は注意かなあ。


IMGP2475.jpg
IMGP2476.jpg
バズーカ連結してさらに展開。
バーストモード。黄色い部分が動かないのでヴァーチェより地味かな。


IMGP2478.jpg
さらに連結してダブルバズーカバーストキャノンモードに。
連結もしっかりしてます。
本当にOO2期のプラモは手にとって遊ぶ事に特化してるなあ。


IMGP2479.jpg
IMGP2481.jpg
ブーン
IMGP2482.jpg
グワシ

以上。HGセラヴィーガンダムパチレビューでした。

外見は好き嫌いあると思いますが
動かしたりギミックで遊ぶ点においては相変わらずスゲーです。
バズーカガチャガチャとったつけたして遊んでしまいます。
アリオスやガデッサも楽しみだなあ。

ただでもゲートが若干切りづらいのでタミヤの薄刃ニッパーとか
ちょっと薄刃でイイニッパーあるといいかと思います。


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.