2014071888001.jpg
組み換え可能な一部組み立て済みキットのシステムウェポン。
今回はロケットバズーカ&ツイン・ビーム・スピアのセットで1/144サイズのガンプラに対応します。
価格は1404円となります。

2014071888002.jpg
セット内容はロケットバズーカとツインビームスピアの他に組み替え用パーツが付属。


2014071888003.jpg
いつものディスプレイスタンドと手首が付属します。
付属する手首は右銃持ち手と左右持ち手。
角指と丸指がそれぞれ付属しますが手甲パーツは1つたりないので付け替える必要があります。


2014071888004.jpg
2014071888005.jpg
まずはロケットバズーカ。
こちらはシナンジュのバズーカですね。
成形色は黒に近いグレーで一部にマーキングが印刷されています。


2014071888006.jpg
HGUCネオジオング付属のバズーカと並べてみました。
構造は違いますがディテールや大きさはほぼ同じ。
なのでシナンジュを持っている方には便利そうですね。


2014071888007.jpg
組み替える事で収納モードに
抜き差しするだけなので組み換えは簡単ですし抜けやすかったりする所もありませんでした。


2014071888009.jpg
2014071888008.jpg
こちらはシナンジュのビームライフルやシールドに取り付けが可能になっていました。


2014071888022.jpg
適当なキットに持たせるとこのようになります。
グリップが可動するので無理なく担ぐ事ができました。


2014071888010.jpg
さらに組み替えて特務バズーカという形態に。
砲身が太く長くなりいかつい見た目になります。


2014071888012.jpg
結構大きいので大型のMSの方が似合いますね。


2014071888011.jpg
もちろんROBOT魂などにも持たせられます。


2014071888013.jpg
そしてこちらはツイン・ビーム・スピア。
ジムストライカーのものとほぼ同じようなデザインです。


2014071888014.jpg
ユニコーンに持たせてみました。
大きさは特に大きくもなく小さくもなく扱いやすい大きさです。


2014071888015.jpg
2014071888016.jpg
サーベルはそれぞれ画像のように可動させる事ができます。


2014071888020.jpg
ビーム刃はもちろん取り外し可能ですが
基部ごと抜き取ってサーベルとしても使用できます。


2014071888017.jpg
先端を組み替えればビームハルバートに。


2014071888018.jpg
先端が重いので片手保持は厳しめですが両手持ちが楽にできる長さがあるのであまり困りません。


2014071888019.jpg
さらに両パーツを連結する事で複合タイプという形態になります。
さすがにかなりの長さで持て余しがちですが迫力はスゴイですね。


2014071888021.jpg
以上システムウェポン007でした。
バズーカとツイン・ビーム・スピアのセットですがどちらも持たせやすく合わせやすい武器だと思います。
今回はビーム刃もしっかりクリアパーツですし組み付けも初期のものに比べるとかなり丁寧になっていて
白化している部分もほとんど気になりませんでした。
さらにバズーカはシナンジュのバズーカがそのまま付いてくるので
単品のシナンジュ用バズーカが欲しかった人には便利な武器セットになっていると思います。

(amazon)




■システムウェポン007 (あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.