2014082111001.jpg
ブースターを飛ばして手が掛かりそうな腕を仕上げる事にしたネオジオング。
隠し腕を含めると6本ありますがすべて同じパーツで構成されています。

2014082111002.jpg
腕パーツですが裏側に目立つ合わせ目があります。
さすがにこれは目立つので消す事にしました。


2014082111003.jpg
2014082111011.jpg
とは言っても挟み込みでそのままでは消せません。
なのでHJと同じように装甲の片方を画像のようにカットして後ハメ可能に加工しました。


2014082111012.jpg
かなり大きいパーツでエッチングソーで切り離すには根気が要ります。
2本ならまだしも6本というのもしんどいですね…


2014082111005.jpg
続いてメイン?腕にあるファンネルビットの可動化を行います。
さすがに手首が固定だと寂しいので画像の関節技球体ジョイントを用意しました。


2014082111004.jpg
まずはビット部分の内側の段差に引っかかるよう1mmプラ板を直径11mm程度にサークルカッターを使ってカットします。


2014082111010.jpg
内側の段差に乗せるようにセットしたら流し込み接着剤を流し込んで固定。
中央にはBJに対応する2.8mmの穴を開けておきます。
3mm穴だと緩くて保持が厳しいので必ず3mmよりわずかに小さいドリルを使います。


2014082111006.jpg
組み込む時はこんな感じになります。
使うジョイントは10mm程度のもので
1セットに4個入っているので両腕を可動化する場合3セット必要です。


2014082111007.jpg
根元部分にも同様に2.8mmほどの穴を開け球体ジョイントを差し込み裏側の余分な軸をカットします。
10mmぐらいのジョイントなら画像のようにピッタリとはめ込む事が可能でした。


2014082111008.jpg
これで指が自在に動くようになります。


2014082111009.jpg
ジョイントは固定していないですし、どこか切り詰めたりもしていないので
それぞれの指をビシっと合わせたい場合はジョイントを抜いてそのまま差し込めば綺麗に揃います。
この腕部分もかなりあっさりしているので色々ディテールアップしていこうと思いますが
腕が6本、指が30本もあると苦労しそうですね。

(amazon)




■HGUC ネオジオング(あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.