IMGP0874_201408252001359d6.jpg
物がダメになる時は連鎖するもので、今年に入ってコンプレッサー、カメラと買い替えているのですが
塗装ブースも弱ってきたので思い切って買い替えました。
一応ファン単品を増設すればツインファンにもできる構造でしたがファン自体が弱っていたので
ツインファン仕様のペインティングブースIIを新たに購入しました。
価格は26,784円です。

IMGP0875_20140825200306cc2.jpg
これまでは同じタミヤのシングルファンタイプを使っていましたが
ツインファン仕様なのでシロッコファンが2セット入っています。


IMGP0876_20140825200336dc2.jpg
こちらのファンをブースに横並びに接続。
組み立てはこのファン2基をプラスドライバーでネジ止めするだけなので5分もかかりません。


IMGP0880.jpg
ブース自体はシングルファンタイプと同じものでした。
収納時は画像のようにベース部分を折りたためます。
この状態のサイズは40cm×30cm×33cmです。


IMGP0881.jpg
塗装時には折りたたんだ部分を展開します。
上にあるカバーは透明になっていて光を通し、手元が暗くならないよう配慮されています。
取っ手付きで片手で持てる重さなので片付けもそれほど苦になりません。


IMGP0884.jpg
ブースのスペースもまずまずでMGぐらいまでなら特に不都合なく塗装できると思います。


IMGP0879.jpg
IMGP0878_20140825200449663.jpg
フィルターは一般的なフィルターではなく画像のようなスポンジタイプ。
たまに外して粉塵を取れば結構長持ちします。


IMGP0885.jpg
展開時の奥行きは53センチほどなのでそれなにスペースは使います。
それとファンが独立しているので電源も2つ必要でした。


IMGP0886.jpg
電源もそうですがホースも2つになっていて思った以上に取り回しが面倒な部分もあります。
ただそれぞれ独立しているので小さい部品を塗る時などは片方だけ電源を入れてシングルファンとして使ったりも出来ます。
動作音は単純にシングルファン2つ分ですが、もともとファンの回転音だけで静かなものですし夜間でも気にせず使えると思います。


IMGP0889.jpg
早速セットして使ってみました。
0.4mmのブラシにサフを入れて1MPaほどの圧にして全開で吹いています。
以前までネオジオングの塗装をやるとミストの吹き返しが凄い事になって困っていたのですが
ツインファンにすると全く無いとまでは行きませんがかなり吹き返しがマシになりました。
値段はシングルに比べると高くなってしまいますが、
MGより上のサイズのプラモや光沢塗装を多くやる方はこのパワフルさが凄く便利だと思います。
ただ電源とホースが2つあるので取り回しに関してはシングルより不便な部分もありますね。

(amazon)




■タミヤ ペインティングブースII ツインファン


■タミヤ ペインティングブースII シングルファン
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.