20140916666014.jpg
腕のスミ入れも終わりデカールを貼ろうとしたネオジオングですが
ちょっと同じ形のデカールが足りないので3シートぐらい注文し、その間にシナンジュを進めていきます。
まずは接着した部分の合わせ目を処理。UC物は武器ディテールも細かいのでヤスるのが相変わらず大変です。


20140916666013.jpg
シナンジュはHGUCでもマスキングの手間が少なくて済む優秀な分割ですが
やはりエングレービングは塗り分けないといけないので先に金色を吹き付けておきます。
今回はGXカラーのレッドゴールドを使いました。
クレオスのこのシリーズとスーパーゴールドはキメが細かく綺麗な金色でお気に入りです。


20140916666004.jpg
乾燥したらクリアを吹きつけ塗膜を保護してからエナメルのフラットブラックとグレーを混ぜたものを吹き付け。
エナメル拭き取りをする場合は忘れずにクリアの層を作っておくと綺麗に塗り分けられます。


20140916666015.jpg
そしてプラ板を貼ったスパイクを尖らせます。


20140916666002.jpg
肩やバックパックのフチは裏側を薄く削っておきました。


20140916666003.jpg
肩部分は分割線が気になるので瞬着で埋めておきます。


20140916666001.jpg
バーニアはフチを薄く整形してよりシャープな印象にしておきました。
ついでに奥が埋まっているように見えるバーニアには適当にノズルを追加しておきます。


201409166660159.jpg
そしてエングレービングの黒が乾燥したらひたすら細い綿棒で塗料を拭き取りエングレービングを再現していきます。
塗料が先端に付いていたり太かったりするとなかなか上手くいかないので
こまめに先端をハサミで切って整えながら拭きとっていくと節約しつつ綺麗に塗り分けられます。
後は表面処理を進めつつ装甲などを塗装していきます。

(amazon)




■クレオス GXレッドゴールド


■クラフト綿棒 Sサイズ三角 (あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.