201410233333002.jpg
胸部などを進めたHi-νですが一旦加工はやめてひたすら表面処理をしています。
後回しにするとかなり面倒に感じる武器やファンネル類を含めひたすらヤスり中。

201410233333001.jpg
ついでに画像のように凹の形ではなく段差になっているようなモールドや浅いモールドは全て彫り直します。
地味な作業が続きますが抜きの関係で浅い所もありますし
彫り直しておくとスミ入れもシャープに流す事が可能でより引き締まった印象になります。


201410233333003.jpg
ヤスってばっかりもだれてしまうのでプレバンで受注されたHWSも仮組みしてみました。
こちらもHi-νと合わせて塗装する予定です。


201410233333004.jpg
デカールは水転写式でわざわざシールドに貼るインクスポット迷彩のデカールまでセットされています。


201410233333005.jpg
セットされているパーツはこんな感じです。
基本的なデザインはνのHWSと変わりませんがかなりアレンジが入っていてハイディテールです。


201410233333006.jpg
ハイパーメガライフルは通常のライフルにバレルをかぶせて再現する方式。
ハイパーバズーカも一本付属していてキットのものと合わせて2本を背面に取り付けられるようになります。


201410233333007.jpg
胸部装甲はミサイルハッチが展開。


201410233333009.jpg
フロントアーマーは隠し腕が内蔵されていました。
アームは可動ポイントがあり可動しますがビーム刃はナシ。


201410233333008.jpg
脚部のスラスターユニットは展開ギミックあり。
ダクト部分が割れるという面白い構造です。


201410233333011.jpg
そして巨大なハイメガシールドはνのHWS同様普通のシールドにかぶせる方式。
ノーマルのシールドも付属しています。


201410233333012.jpg
画像のように展開ギミックがありこの状態で背中に取り付けられます。
アームは細いですが保持力は特に問題なさそうです。


201410233333010.jpg
ただサイズがかなり大きくて昔Bクラで発売されたMGν用HWSパーツより大きいです。
全てプラパーツとは言えやはり重さがあり保持力が不安ですね。
関節用の柔らかいプラはHGだとちょうど良いんですがMGだと保持力が足りない事が多いので左肩は固めに調整しておこうと思います。

(プレミアムバンダイ)

・HGUC  RGM-89J ジェガンノーマルタイプ(F91Ver)の受注が始まっています
(amazon)




■MG Hi-νガンダムVer.Ka(あみあみ)



テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.