hasegawa_akagi121.jpg
補強板の置き換え作業が終わったので船体の工作に戻っている赤城。
まずはリノリウム部分のマスクを剥がします。
特に失敗する事もなく無事塗り分けできていたので一安心。

hasegawa_akagi123.jpg
ここからオプションのエッチングを使い手すりを再現していきます。
手すりパーツは大和のように一本一本植えこんでいくタイプではなく普通の手すりパーツですが
真鍮製で細く歪みやすいので気をつけて瞬着で接着します。


hasegawa_akagi120.jpg
切り出したまま接着するタイプもありますが大抵は足ののりしろを曲げ
画像のように形に合わせて曲げつつ接着していきます。
丸く曲げ癖を付けたい時はエッチングの上から爪楊枝や丸いペンなどを転がして曲げ癖を付けて作業します。


hasegawa_akagi125.jpg
手すりを貼ったら細かいパーツも取り付けていきます。
飛行甲板の作業に入る前に奥まった部分の汚しも入れてしまうのでこの時点ではまだ機銃は取り付けないでおきます。
エッチングのA,B,C,スーパー全て使う事になるのでつけ忘れが無いよう良くそれぞれの説明書を確認する必要がありました。


hasegawa_akagi118.jpg
未塗装部分はそのまま接着してから塗装しますが、船体の塗装した所に付ける手すりは
予め形状を整えた後に塗装してから取り付けます。
パーツは両面テープだと剥がす時に歪むのでマスキングテープで固定するのがおすすめです。
手すりもそうですが細かく入り組んだパーツが多いのでエアブラシのエア圧を下げて前後左右色々な角度から吹き付けると塗りムラが少なくて済みます。


hasegawa_akagi126.jpg
hasegawa_akagi127.jpg
以前工作しておいたラッタルなどもどんどん組み込み船体色で塗装しつつ接着。
一気に雰囲気が出てきました。


hasegawa_akagi124.jpg
手すりやラッタルの他にも色々エッチングに置き換えるパーツもありますが
ボートを取り付けるダビットのパーツはエッチングを組み合わせて作る繊細な構造で
非常に引っかかりやすい形状なので作業の際には注意が必要でした。


hasegawa_akagi129.jpg
hasegawa_akagi128.jpg
とりあえず船首側の左半分の作業が終わりました。
取り付ける際どうしても金属パーツはプライマーを塗っても塗装が剥げてしまいやすいので
色々な角度から見てリタッチをしておきます。
軽くリタッチをしたら残りの部分も進めていきます。

(amazon)
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーマッハ (初回特典付)
S.H.フィギュアーツ ライドマッハー (初回特典付)

・バンダイコレクターズ6月分の予約が始まっています



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.