hasegawa_akagi1130.jpg
左舷前半分が終わった赤城。
続いて残っている左舷後方を作っていきます。


hasegawa_akagi1131.jpg
hasegawa_akagi1132.jpg
hasegawa_akagi1133.jpg
今回もパーツの多くに手すりパーツを取り付けます。
他にはエッチングパーツスーパーにしれっと紛れているので忘れやすいですが支柱パーツもエッチングの柱に置き換えます。


hasegawa_akagi1134.jpg
一部のパーツのモールドはドリルで開口しておきました。


hasegawa_akagi1135.jpg
後方には12cm高角砲と20cm砲があるのですが
砲身パーツは真円が出ていてよりシャープな金属挽物パーツに交換する事にしました。
今回はフクヤの赤城用砲身パーツを使います。
■1/350 赤城用 3式20cm砲身・6本、10式12cm高角砲身・12本 (あみあみ)


hasegawa_akagi1136.jpg
最初に洗浄しておきますが20cm砲身は6本、12cm高角砲の砲身は12本付属。
予備はないので無くさないよう十分注意します。


hasegawa_akagi1137.jpg
hasegawa_akagi1138.jpg
プラパーツの砲身をカットして0.5mmのドリルで穴を開けて組み込みます。
真円なのはもちろん砲口のテーパーなど繊細な表現が施されています。


hasegawa_akagi1139.jpg
砲口も開口済みなので穴を開ける手間も要りません。
ただ細い所は0.5mm程度しかないので引っ掛けて曲げてしまう事がないよう取り扱いには十分注意しておきます。


hasegawa_akagi1140.jpg
20cm砲も同様に置き換えます。


hasegawa_akagi1142.jpg
機銃スポンソン部分はバリが残っているときちんと接着できないので平らに処理しておきます。
手前の支柱パーツも穴のモールドを開口しておきました。


hasegawa_akagi1141.jpg
後方には起倒式マストもあるのですが今回は倒した状態で製作します。
ですがもう折ってくれと言わんばかりの形なのでこちらは最後に取り付ける事にしました。


hasegawa_akagi1143.jpg
hasegawa_akagi1144.jpg
塗装しながら各パーツを組み込み接着しました。
一部の壊しそうなパーツは後から組み込みます。
高角砲や20cm砲は汚す時取り外ため軽く置いてあるだけなので浮いたり曲がったりしていますがこれで一応左舷側は終了です。
次から右舷側の作業に入ります。
(amazon)


(あみあみ)
■ハセガワ 1/350 赤城
■ディテールアップパーツ ベーシックB
■ディテールアップパーツ ベーシックC
■赤城用木製甲板
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.