hasegawa_akagi130.jpg
今度は右舷側に取り掛かっている赤城。
左舷側と同じく塗装しつつパーツを組み込んでいきます。
今回もやはり引っ掛けやすく破損させてしまいやすいエッチングがあるので気をつけて作業しました。

hasegawa_akagi142.jpg
右舷船首側の加工が終了。
塗料の量は大和の時10mlの塗料2本で間に合ったので3本あれば平気だろうと思っていましたが
塗りながら進めているせいかだいぶ残り少なくなってきました。
飛行甲板の作業に入る前までには間に合いそうですがまた塗料を買い足さないとダメそうです。


hasegawa_akagi131.jpg
続いて中央~船尾側の作業に入りますが、この部分には巨大な煙突があります。
中にパーツを挟み込んで接着し合わせ目を消しました。


hasegawa_akagi132.jpg
特に手を入れる事は考えていなかったのですが目立つパーツですし折角なので
ジャッキステーのエッチング化にチャレンジしてみる事にしました。
以前使った汎用エッチングパーツにいくらかジャッキステーは入っているのですが全然足りないので
ハセガワから発売されている1/350用汎用ジャッキステーを用意しました。



hasegawa_akagi133.jpg
モールドを彫刻刀で大まかに削り取り、置き換える部分にニードルで軽くアタリを付けておきます。


hasegawa_akagi134.jpg
後はヤスリで整形しスッキリ削り落とした所でエッチングのステーを貼り付けていきます。


hasegawa_akagi135.jpg
hasegawa_akagi137.jpg
裏側にも貼る必要のある先端側から進めていきました。
パーツは真鍮製で細く簡単に歪んでしまうので足ののりしろ部分を曲げる時も注意して作業しないとダメでした。


hasegawa_akagi139.jpg
端を曲げる時なども歪んでしまわないようゆっくり作業します。
瞬着硬化スプレー等があると位置決めも手早く終わり失敗が少ないです。


hasegawa_akagi141.jpg
hasegawa_akagi140.jpg
全て置き換えたら以前使ったエッチングの余りにあったラッタルパーツを貼り付けて作業は終了です。
補強板と同様に手間がかかる作業でしたがなんとか派手に歪んでしまう事もなく置き換えできました。
この調子で今週中に飛行甲板に手を付けられるよう頑張って進めていこうと思います。

(amazon)


(あみあみ)
■ハセガワ 1/350 ジャッキステー
■ハセガワ 1/350 赤城
■ディテールアップパーツ ベーシックB
■ディテールアップパーツ ベーシックC
■赤城用木製甲板
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.