hasegawa_akagi225.jpg
前回組んでおいた艦橋にマントレットを取り付ける事にした赤城。
ディテールアップパーツスーパーにソフトメタル製のマントレットが入っているのでこれを使います。

hasegawa_akagi226.jpg
後々汚すのですが基本色の白もデッキタンを混ぜ、ややくすんだ白にしておきました。


hasegawa_akagi233.jpg
hasegawa_akagi235.jpg
マントレットを接着しながら一つずつ取り付けて艦橋の完成です。
後で汚すので壊さないよう気をつけて保管しておきます。


hasegawa_akagi227.jpg
そしてパーツを取り付けておいた飛行甲板をいよいよ船体に取り付けます。
こちらは最初に取り付ける中甲板ですが、両脇にある三角プレートと船体の隙間がタイトな上に
エッチング製の柱とトラスをうまく噛み合わせながら取り付けないといけません。(画像だと右にある高角砲の奥に見える柱です)
無理やりはめ込むと支柱が曲がり作り直しとなるのでかなり慎重に少しずつ取り付けました。
エッチング柱の接着は後々トラスパーツに組み込む事を考えて瞬着ではなく柔軟性のあるボンドなどを点付けしておいて
きちんと噛みあわせる事ができたら瞬着で接着という手順が良いかも。


hasegawa_akagi228.jpg
続いて前甲板パーツ。
こちらも三角プレートに気をつける必要があるものの、エッチング柱はないので比較的楽です。


hasegawa_akagi229.jpg
後甲板の接着の前に作っておいた艦載艇を設置。
ロープ類は伸ばしランナーと薄く切ったデューロパテで再現しました。


hasegawa_akagi230.jpg
そして甲板の中で一番の難所となる後甲板の取り付け。
最初甲板ごと取り付けようとしたのですが、しっかりはめ込もうとすると色々な所が干渉して取り付けが難しく
どうにもエッチングを潰してしまいそうだったので一旦点付けしておいた甲板とトラスを分離。
トラスパーツだけを組み込んで接着しました。
分解する際筋交いと手すりの一部を剥がしたので後でまた真鍮線で作り直しです。


hasegawa_akagi231.jpg
トラスフレームを組み込んだら甲板をあらためて取り付け。
サラサラタイプの瞬着をトラスと甲板の間に流し込み固定しました。


hasegawa_akagi232.jpg
3つの甲板を取り付けるだけでしたが一番神経を使う作業だったかも。
とりあえず段差もなく無事取り付けが終わり一気に空母らしくなりました。


hasegawa_akagi218.jpg
あとは甲板上の部品を組みつつラインデカール貼りに移ります。

(amazon)


(あみあみ)
■ハセガワ 1/350 赤城
■ディテールアップパーツ ベーシックB
■ディテールアップパーツ ベーシックC
■赤城用木製甲板
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.