2015050888001.jpg
毎月リリースが続いているSWキットですが
今回から新たに発売されたXウイングスターファイター ムービングエディションを
ランナー塗装&表面処理なしでお手軽に作ってみたいと思います。

2015050888002.jpg
以前にもXウイングが発売されましたが最初のものは1/72だったのに対しこちらは1/48。
ムービングエディションの名前通り電動で主翼が可動。
さらにLEDによる発光ギミック&サウンドギミックが搭載された意欲的なキットです。
色々ギミックがあるせいか価格は10,584円と今までのバンダイSWキットでは一番高い値段ですね。


2015050888003.jpg
今回はランナー状態のままおおまかな塗装を済ませ、細かい塗り分けは組み立てながら行っていこうと思います。
表面処理もとばしてヒケなども見なかったことにし、お手軽に作ってみたいと思います。


2015050888004.jpg
まずは塗装の準備ですがランナーのゲートを画像のように一部間引きます。
これによって吹き漏らしが減りますし目立つゲート部分のリタッチもある程度省略できます。


2015050888005.jpg
多色成形ランナーももちろんありますが


2015050888006.jpg
こちらは色ごとにカットして分けておきます。


2015050888007.jpg
ゲート部分をある程度カットしたらまずは下地塗装を行います。
白ランナーはガイアノーツのサーフェイサーエヴォブラックをベースに
同社のグレーサフとクレオスのダークアースを混ぜた濃いグレーを吹き付けました。


2015050888008.jpg
白ランナーはパーツの大部分を占めるので塗料は多めに用意しておくと良さそうです。


2015050888009.jpg
赤いランナーはガイアノーツのブラッドレッドとクレオスのレッドブラウンを半々ぐらいに混ぜたものを吹き付け。


2015050888010.jpg
黄色ランナーは同じくガイアのオキサイドレッドサフを吹き付け。
ブルーグレーのランナーは白で使ったサフを吹き付けました。


2015050888011.jpg
ガンメタルのランナーはクレオスのウイノーブラックを吹き付け。
メタリックで塗る部分はグロス仕上げにすると綺麗に塗れます。


2015050888012.jpg
ルークのフィギュアはランナーから切り取って服にオキサイドレッドサフを吹き付け。
こちらは後で筆塗りで仕上げます。
これで一通り下地塗装は終わったので次回は機体の基本塗装を進めていきます。

(amazon)



■バンダイ Xウイングスターファイター ムービングエディション(あみあみ)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.