20150521111001.jpg
大量の武器を仕上げているユニコーン。
バズーカ類の次にガトリングの塗装も済ませました。

20150521111002.jpg
最初はバズーカやマグナムなどと同じ色にしようかと思っていたのですが
こちらはカーボンブラックマットで塗装する事にしました。
黒一色だと単調に感じたので一部は塗り分けています。
ガトリングはFAの分も合わせると3セット、4分割されている砲身は24本塗る必要があるので
こちらもやはり塗料は余裕をもって用意した方が良さそうです。


20150521111009.jpg
バズーカやミサイルなどのスミ入れはクレオスのウェザリングカラーのマルチブラックやグランドブラウンを使いました。
その後FAセットにある水転写デカールを貼るのですが1/60サイズともなると
コーションマークですらかなり大きいのでシルバリングがおきないようしっかりマークセッターを使って馴染ませました。


20150521111003.jpg
デカールや塗装の合間に本体の表面処理も進めています。
こちらは胸部パーツ。
細かいヒケなどを処理してモールドも浅い所は彫り直してあります。


20150521111004.jpg
クリアパーツはそこまで処理する所はないのですが、胸部分にヒケがあり結構目立つ印象です。
なのでしっかりヤスリがけしてヒケを取っておきました。
600番ぐらいのヤスリでヒケをとったら1500番程度まで紙やすりをかけ、コンパウンドで軽く磨きます。


20150521111005.jpg
その後クリアを吹き付ければ透明度を戻す事ができます。


20150521111006.jpg
後は以前のエントリ通りマジョッコのレインボーファインを吹き付けました。


20150521111007.jpg
メインカラーの白ですが今回はガイアノーツのEXホワイトをベースに
グリッドグレーやウイノーブラックをほんの少し混ぜた白で塗装する事に。
さすがに大瓶2本あれば大丈夫な気がしますが足りるかどうか少し不安です。


20150521111008.jpg
サフは発色しやすいようにガイアのサフとガイアベースホワイトを半々ぐらいに混ぜたサフを使っています。
白を吹き付けたら何度か使っているフィニッシャーズのシルバーパールリキッドでコートしてみる事にしました。


20150521111010.jpg
こちらの塗料は結構地味というか派手なパール仕上げにはならず硬質感のある独特の仕上がりになります。
白部分のスミ入れはどんな色にするかちょっと悩み中ですがこの調子でどんどん塗っていきたいと思います。

(プレミアムバンダイ)

・HGBFドライイオンIII、HGBFカテドラルガンダムの受注が始まっています。

(amazon)


■PG ユニコーンガンダム(あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.