2015052777001.jpg
胴体の塗装が終わり翼部分の塗装などを進めていたXウイングムービングエディション。
翼もパネルの塗り分けは塗装で行いますが付属するシールを型紙にしてマスクすると楽に塗り分けられます。

2015052777010.jpg
塗り分けが終わりスミ入れまで済ませた翼パーツ。
一部モールドを無視して塗り分ける所はありますが大抵モールドに沿った塗り分けなのでマスキングはやりやすいです。


2015052777009.jpg
レーザーキャノンの砲口は埋まっているのでピンバイスで開口しておくと見栄えが良くなると思います。


2015052777008.jpg
それと一度組み付けて見たのですが、電動ユニットの翼の開閉部分は白い所が結構目立つので
本体側をマスクして黒に近いグレーを吹き付けておきました。


2015052777002.jpg
塗り分けも終わったので汚しを入れていきます。
ガンメタで塗った部分は黒でスミ入れをした後シルバーでドライブラシ。
モールドを浮き立たせた後茶系のパステルやエナメル塗料で表情を付けました。


2015052777003.jpg
コクピットの後ろ側にあるメカ部も同様に塗装。


2015052777011.jpg
R2-D2も筆塗りで塗り分けておきます。
小さいパーツで組み込むと頭以外ほとんど見えないので機体セット用胴体は適当で良さそうです。


2015052777004.jpg
続いて機体部分にエアブラシで汚しを入れます。
ラッカーのつや消し黒とスモークを半々ぐらいで混ぜた塗料や
ダークアースとレッドブラウンを溶剤でかなり薄めに溶いた塗料を部分的に吹き付けていきます。


2015052777005.jpg
2015052777007.jpg
翼部分も同様に吹き付け。
前方から後方へ同じ方向に流れるよう吹き付けました。
後は筆塗りで所々にオイル汚れなども追加。


2015052777014.jpg
続いて塗装剥げの書き込みです。
まずは基本色の白以外のパネルを基本色に近いライトグレーを調色し細い面相筆で塗装剥げを書き込んでいきます。
塗料は修正が容易で伸びが良いエナメルか油彩あたりがおすすめです。
この時目立つゲート跡部分にも塗料を乗せて剥げ傷にしてごまかしておきます。


2015052777013.jpg
翼部分も同様に進めました。
後は基本色の部分に濃いグレーを使って軽めに書き込み、つや消しコートすれば完成です。

(amazon)



■Xウイングスターファイタームービングエディション(あみあみ)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.