2015072222122122006.jpg
ちょっとキットの成形色とは違う緑にしたくて塗装していたレオパルド・ダ・ヴィンチ。
今回はゲート処理などの表面処理は行わず、一気に塗ってしまいました。

2015080999056.jpg
装甲色の緑や白部分などつや消しにしようとしている所は重厚感を出したいので
黒色のサーフェイサーにグレーや白を混ぜた濃いグレーのサーフェイサーを下地にする事に。
吹き付ける前にゲートをある程度間引いて塗りやすくしておきました。


2015080999003_201508111930556b3.jpg
吹きつけた後メインカラーを塗装。今回の緑はガイアノーツのオリーブグリーンを使用しました。
基本色を塗った後白を混ぜたオリーブグリーンで軽くハイライトを入れておきます。


sdbf_red003.jpg
胸部の赤い所は切り取って予め塗っておきます。
今回はシルバーの上にクリアレッドを吹き、メタリックレッドにしておきました。
この部分はマスクして塗り分けます。


sdbf_red002.jpg
アンテナパーツもそのままだとフラッグが付いていたりするので切り取りシャープに整形しておきます。


sdbf_red005.jpg
フレームと武器はメタリック塗装にするので下地はサフではなく、ツヤのあるブラックにします。
フレームパーツのランナーはバーチャロンカラーのフレームメタリック1を吹き付け。


sdbf_red004.jpg
武器パーツも同様につやありの黒下地を作りガイアノーツガンメタルを吹き付け。
一部はメタリックグレーで塗り分けるので乾燥後に切り取りマスクしてから塗りわけます。


201507222212001.jpg
後は塗装したパーツをウォッシングしながら組み立てていきます。
今回はクレオスのウェザリングカラーでウォッシング。
緑部分やメタリックグレー部はステインブラウン&グランドブラウン、
他のオレンジやライトグレー部分はグレイッシュブラウンとステインブラウンをランダムに塗りつけウォッシングしました。
組み立てる前に行えばパーツの割れはかなり起き辛くなりますが
乾燥してから組まないと割れる危険があるためウォッシング後すぐに組まないようにします。


201507222212002.jpg
ツインアイはシルバーを吹き、その上にクリアオレンジを塗装。
乾燥したらエナメルのフラットブラックを吹き付け目の凸モールドだけを拭き取りました。
頭頂部などはシールを使います。


201507222212003.jpg
頭部など赤と黄色のパーツはオレンジに統一。白いパーツはクレオスの明灰白色に変更しました。
ヘルメットパーツは頬部分を塗り分ける必要があるのでマスキングして塗り分けしています。


2015072222122122002.jpg
各所のダクトですが、奥まっている所が多いので筆塗りし辛い所は
ハセガワのつや消し黒フィニッシュをカットして貼り付けました。
フチがシャープに仕上がりますし、マスキングの手間も要らないので黒で良い場合は便利です。


2015072222122122004.jpg
武器類はウェザリングカラーマルチブラックでスミイレ兼ウォッシング。
本体と違い塗料はほとんど拭き取りました。


2015072222122122003.jpg
メタリック塗装以外のパーツにつや消しを吹き組み上げました。
パーツ分割が良くできていてサクっと塗装が終わるキットです。
後はバルカンなど細かい所を筆塗りし、軽くドライブラシをして完成です。

(amazon)




テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.