201508222002.jpg
半完成されている武器セットシステムウェポン。
今回は010としてストライクバズーカ&ビームライフルのセットが発売されました。
価格は1,404円です。

201508222003.jpg
セット内容はストライクバズーカ&ビームライフルの他は差し替えパーツといつものベースが付属。
いつもはガンダムUC物ぐらいの交換手首が入っていましたが


201508222004.jpg
今回は新造されていてHGCEストライクなどに合う1サイズ小さい銃持ち手が付属。
丸指も角指もありますが右手のみです。


201508222005.jpg
201508222006.jpg
ストライクバズーカ
成形色は黒に近いグレーとグレーの2色です。
一部マーキングもプリントされていますが左右一箇所のみとシンプルなマーキング。
グリップ類が可動しますがセンサーなどはいつも通り非クリアパーツでした。


201508222007.jpg
HGCEストライクに持たせてみました。


201508222008.jpg
グリップが可動するので両手持ちも問題なし。肩に担ぐのも簡単です。
マガジンはそれぞれ着脱可能でした。


201508222009.jpg
ただし手甲のモールドは違うのでしっかり合わせたい場合は入れ替えるなどの加工が必要です。


201508222010.jpg
201508222011.jpg
もちろん他の機体にも持たせられますが手首によってはグリップがはまりません。
大きいバズーカなので似合う機体も多そうです。


201508222012.jpg
両端を組み替える事でロケットランチャーに。


201508222024.jpg
201508222023.jpg
ガンプラでは珍しいタイプの武器で一風変わった姿になります。


201508222021.jpg
201508222015.jpg
バズーカは画像のようにばらして組み替えるのですが
先端がロケットランチャーでバズーカのマガジンを取り付けても微妙な気がしますし
組み替えのバリエーションは多くない感じですね。


201508222016.jpg
続いてビームライフル
こちらはデュエルのライフルと同じデザインです。


201508222017.jpg
マーキングは左側一箇所でこちらもシンプル。
グレネード部分は基部ごと取り外しも出来ました。


201508222022.jpg
201508222019.jpg
組み替える時はセンサーを大きい物に交換、砲身をロングバレルに交換することでロングライフルに。


201508222020.jpg
こちらは砲身がどちらも細身ですし他はセンサーのわずかな大きさの違いぐらいしかないので結構地味な印象です。


201508222001.jpg
SEED系に使いやすい武器セットですがロケットランチャーは面白い形で
ストライクなどに合わせやすいサイズの銃持ち手があるのが便利です。
ただ持ち手が右手のみなのが残念。
このサイズの銃持ち手は使いやすいですし今度はなんとか左手も付けて欲しいです。

(amazon)



■システムウェポン010(あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.