201509155001.jpg
前回合わせ目などの処理を済ませておいたカミキバーニング。
装甲の色はつやありのメタリックにするのでフレーム部分はつや消しのメカサフヘヴィを吹き付けメリハリを付けました。

2015091555001.jpg
装甲部分はサフを吹き細かいヤスリ傷を埋めてから塗装します。
白部分はPGユニコーンで使った白が余っていたのでその白を吹き付け
その上から銀や黄色っぽくならないパールのAGパールを吹き付けメタリックに仕上げます。


2015091555002.jpg
白部分はこんな感じに仕上がりました。
ツヤもつやありのままにしようと思います。


201509155003.jpg
赤部分はサフの後グロスブラックで下地を作り


201509155004.jpg
その後ガイアノーツEXシルバーを吹き付け。


2015091555005.jpg
20150915550041.jpg
後はガイアノーツクリアレッドと蛍光オレンジを5:1ぐらいで混ぜたものを吹き付け
メタリックレッドに塗装しました。
手足の黒ラインは下地黒を塗った時点でマスクしておきクリアレッドを塗り終わったら剥がします。


201509155002.jpg
腰部分は黒で下地を作りクレオスメタリックカラーGXのメタルバイオレットを吹き付け。


2015091555008.jpg
青いクリアパーツは裏側を塗装する事にしました。
以前少し使ってずっと塗料ラックの肥やしになっていたマジョーラマッターホルンとメタリックカラーGXのラフシルバーを使います。


2015091555007.jpg
マジョーラを薄く吹き付け、さらにラフシルバーを重ねました。
ラフシルバーは名前通り粒子が粗いのでキラキラ反射してラメっぽい仕上がりになります。
ただその分一般的な口径の0.3mmエアブラシだと吹き辛いので0.5mmぐらいのエアブラシがあると楽です。


2015091555003.jpg
背面のエフェクトはクリアレッドと蛍光オレンジ+ホワイトでグラデ塗装しておきました。
後は細かいマスキングが要る太刀や黄色部分を塗装すれば終わりです。

(amazon)





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.