20151003333001.jpg
ガンダムデカールがあまり出なくなったのもあり
好みのロゴやラインデカールを作ってみたくて白いデカールが作れるという
リコーのレーザープリンタ+白トナーの組み合わせを試してみました。
プリンタの他に別途トナーが必要なのですが
専用の白トナーはHIQパーツからリリースされています。
プリンタに入っているトナーは当然黒なので白デカールを使う場合このトナーが必要となります。

20151003333004.jpg
レーザープリンタはRICOH SP C250Lというレーザープリンタを使います。
このプリンタですがインクジェットと違い結構大きいです。
重さも27kg程度あるそうで持ち運びも大変。サイズは400(W)×450(D)×320(H)mmです。
価格は大体20,000円前後トナーは37,800円なので
初期費用は6万近くとデカールのためだけに出すのはかなり勇気の要る価格です。


20151003333003.jpg
プリンタを開けるとシアン、マゼンタ、イエローの3色の他にブラックのトナーが入っています。
このブラックのトナーをホワイトに入れ替える事により黒で印刷される所が白になるという仕組みです。


20151003333002.jpg
白トナーにはクリアデカールTHも30枚付属していました。
一応このクリアデカールTHが指定のデカールなそうですが
ストックにあった他の無地デカールでも普通に刷れました。


2015100333015.jpg
後はPCの画像編集ソフトで印刷したいデカールを作っていきます。
付属するデカールはハガキサイズなので設定もそれに合わせると作りやすいです。
画像編集ソフトならなんでも良いと思いますが同じロゴを複数のサイズで作りたい時は
ドロー系のソフトを使うと拡大縮小しても綺麗に作れます。
私はIllustratorで作りました。


2015100333001.jpg
とりあえずお試しという事で大きい字から小さい字までを散りばめてざっくり作って印刷してみました。
通常のトナーを使うと黒で印刷されます。
印刷時は印刷設定を黒1色に設定して手差しトレイを使うなど少し制約があります。
このあたりの約束事はHIQパーツさんのブログで補足されていました。


2015100333002.jpg
大きめのロゴは白黒なら網目などもなく綺麗に印刷できます。


2015100333016.jpg
2015100333003.jpg
結構小さいものや色が細かく欠けているような文字も入れたのですが
ある程度の大きさなら十分再現してくれます。
ただ複雑なロゴは小さくなるにつれて潰れてきます。


2015100333007.jpg
トナーを交換して白で印刷してみました。


2015100333006.jpg
自分で白のデカールが作れる事にちょっと感動。
印刷できたデカールは黒と同じような感じで網目も無く綺麗でした。
印刷スピードも速く、トレイから出てきたらすぐ使えます。
ただ長時間印刷しないとトナーと一体になっている感光体が劣化してしまうとの事で
月に1回程度は何か印刷して感光体を回す必要があるそうです。


2015100333008.jpg
色設定を変更すれば当然カラーデカールも作れます。
ただ白黒のデカールと比べると網の目のような模様が見えてしまい精度はいまいちな感じです。
一応離れて見れば普通なんですが近くだとちょっと目立ちます。


2015100333009.jpg
一部をカラーに変更し、印刷してみたのですが
白トナー(黒設定)部分に他の色も入るらしく画像のように白い所がうっすらとしたグレーで印刷されます。
なのでカラーと白黒の印刷は別に行う必要がありました。


2015100333010_20151003211033812.jpg
カラー部分のアップ


2015100333011_20151003211034570.jpg
分かりやすいように派手にグラデを付けてみましたがアップだとこのように網目のような模様が出るので
カラーデカールにはあまり向かない感じです。
ただ遠目で見れば普通なのであまり大きくないものなら十分使えそう。


2015100333012.jpg
印刷した白デカールを早速貼ってみました。
使い心地は他のデカールと一緒で厚みもありません。
ソフターやセッターも普通に使えました。
黒に近い色に貼っても十分発色しますが
市販されているデカールと比べると透けも若干あるので気になる場合は2枚重ねすると良さそうです。
ただやはり細く複雑なマークは潰れやすいので(画像だとソレスタルビーイングのロゴ)
このあたりの調整は何回かやってみてコツを掴むしかなさそうです。


2015100333013.jpg
カラーデカールは隠蔽力が無いので白デカールを別途刷り2枚重ねにしないと黒系の色には厳しいです。


201510033301101.jpg
白トナーとありますが実際には発色を考慮して蛍光白トナーになっているそうなので
ブラックライトなどに反応します。
使いこなせばバイナルパターンのデカールあたりも作れるのかも。


2015100333014.jpg
もちろんラッカーでのクリアコートも問題なくできました。
とりあえず使い始めたばかりなので色々と慣れない所もあるのですが
自分で白デカールを作れるというのはかなり嬉しいです。
各種ロゴはもちろんですが好みのデザインのラインデカールなども簡単に作れましたし
形状に合わせカットする手間はありますがデカール自体も普通のデカールと同じように使えました。
もちろん使いこなせてない部分も多々あるので宝の持ち腐れにならないよう頑張って使っていこうと思います。

(amazon)




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.