20151112222004.jpg
しばらく間が空きましたがひたすら下地を塗り進めていたテスタロッサ。
やっと全てのパーツの下地塗装が終わりました。

201511122220091.jpg
下地を白黒で陰影を付けながら塗装し、ウォッシング&筆塗りでのハイライトまで付けてしまうのですが
パーツの量とボリュームがありPG並に大変でしたがなんとか終わらせました。


20151112222006.jpg
この下地の上に機体色を塗装していくのですが、かなり薄めて下地を透けさせながら塗る手法なので
一番使いそうなメインカラーのブルーはキットを買った時の特典だった
ガイアノーツダグラムカラーコバルトブルーを2本買い足し3本用意することに。


20151112222007.jpg
3本まとめて大きいボトルに移し溶剤で薄めてしまいます。
テストピースで様子を見ながら薄めていきましたが、大体合計180mlぐらいまで薄めるのが個人的にはちょうど良かったです。


20151112222008.jpg
吹き付けるとこんな感じに。
下地塗装は大変なのですが、使う色が一色でいいので色の明るさを変えてグラデ塗装するより簡単で
より自然に褪せたような好みの仕上がりになりました。


20151112222005.jpg
オプションのメタルパイルですが、金属加工したヘアライン状の跡をそのまま生かしたかったので
サフは吹かず透明なメタルプライマーを吹き、ガイアのメッキシルバーを軽く塗装する事にしました。


20151112222009.jpg
軽く吹き付けたらクリアオレンジ&クリアブルーで表情に変化を付けます。
写真に撮ってみたらあまり分からない感じだったので後でもう少し濃くするかも。


20151112222010.jpg
グライディングホイールはざっとグレーを塗り

20151112222011.jpg
タイヤブラックを回転方向に合わせドライブラシの要領で筆塗りし、エアブラシで調整。
ウェザリングカラーのサンディウォッシュで軽く汚しておきました。
本体のウェザリング時にさらに汚していきます。

(amazon)




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.