20160202020202011.jpg
いつも通り後回しにすると面倒になりそうな物から作っている1/350金剛。
観測機が完成したので今回は艦載艇の組み立てを進めます。
9mカッターですが今回はタミヤのボートセットのものを使う事にしました。
左がタミヤ、右がフジミのキットパーツです。
モールドが細かくオールを受ける部分のディテールもありくフチなどもシャープなのですが
タミヤのものはダビットのダボ穴や押し出しピン跡があります。
とは言え押し出しピン跡はオールで隠れるのでこちらは問題はなさそう。

20160202020202010.jpg
フジミパーツは架台も一体成型されていて置き換えの際は削り落とす必要があったのですが
タミヤのものは削り落としてモールドを彫り直す手間もかかりません。
架台を置き換える場合はありがたいです。


20160202020202009.jpg
目立つダビット取り付け穴はパテで埋めておきました。


20160202020202001.jpg
ボート類はポントスのセットでディテールアップできるのでこちらを使っていきます。
まずは船に乗せるオールや船尾部分に付ける舵のパーツ。


20160202020202002.jpg
架台のパーツです。
接着出来るパーツは接着していきますがばらして塗るパーツはマスキングテープに貼り付けて無くさないようにしておきます。


20160202020202008.jpg
続いて12m内火ランチ。
こちらは4パーツ構成で船体部分が左右貼りあわせなので接着しておきます。


20160202020202007.jpg
組み込むエッチングパーツもメタルプライマーを吹いてからある程度組み立てます。


20160202020202006.jpg
ディテールアップパーツはスクリューまで別パーツになっているのですが(爪楊枝の先にあるパーツ)
こういったパーツはかなり小さく接着し難いので爪楊枝を鋭く削ったものや極細の伸ばしランナーを使って瞬着をすくい取り
流しこむようにすると少量でしっかり接着できます。


20160202020202005.jpg
続いて12m内火艇。
内火ランチと同じような作りなのですが、キットでは窓のモールドがなくちょっとのっぺりしていました。


20160202020202004.jpg
そのためかエッチングセットは甲板のパーツを丸々取り替える方式。
部品が多く曲がりやすい細いパーツも多いので慎重に加工する必要がありました。
切り出しや折り曲げの際弾いてしまうと探すのが困難な大きさの物が多いので極力合いの良いピンセットを使ったほうが良さそうです。


20160202020202003.jpg
もう片方の内火艇も表面処理などをしてある程度組みました。
次は塗装をして組み上げます。

(amazon)



■フジミ 1/350 金剛(あみあみ)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.