20160215kongo016.jpg
いよいよ船体の工作に入る金剛。
まずはかなり時間がかかりそうな機銃類の組み立てを進めます。
その中でも一番大変そうな25mm三連装機銃を組んでいきます。
画像はキットのパーツで1パーツで再現されていますが

20160215kongo002.jpg
こちらを丸ごとディテールアップセットのエッチングパーツに置き換えます。
パーツ数は真鍮挽き物の砲身含め全17パーツです。
下に大きさがわかりやすいように定規を置いてみましたが
かなり細かいパーツが多いので紛失しないようテープに留めておくと安心です。


20160215kongo001.jpg
真鍮挽き物は袋に小分けされていますが無くさないようにこの袋の中で洗浄しました。
真鍮砲身は取り付け部分に余剰部分が残っているので使う前にカットしておきます。


20160215kongo004.jpg
一度組んでみてから組みやすい順番で進めていくとスムーズに進みます。
自分の場合はまず砲身基部を曲げ、側にある2枚の砲身間を仕切るパーツを接着しました。


20160215kongo005.jpg
続いて真鍮挽き物の砲身を差し込んで接着します。


20160215kongo006.jpg
裏返してギヤ状のパーツを接着。このパーツの取り付け溝ですが
半分のパーツは左側、もう半分は右側にあるのでその溝に従って取り付けました。
ギヤのパーツは説明書通りに取り付けると後ろに出っ張りすぎる感じで、
資料を見ても奥まっているように見えたので前後逆にしてあまり出っ張らないように接着しました。
3つのパーツは弾倉ですがこれは最初に付けてしまうと作業がし辛いので最後に取り付けるのがおすすめです。


20160215kongo007.jpg
後は架台のパーツを折り曲げます。


20160215kongo008.jpg
架台の両サイドを軽く曲げ、片方のピンに瞬着を点付けして砲身部分を固定。
固定できたら両サイドをしっかり曲げてもう片方のピンで砲身パーツをしっかり固定します。
その後は土台の下側にエッチングを貼り付け。


20160215kongo009.jpg
そして旋回用のハンドルパーツなどを曲げてから両サイドに接着。
ハンドルのパーツは小さい上に中心部に軸を通す作りになっているので紛失には要注意です。


20160215kongo010.jpg
だいぶ形になってきました。
ハンドルパーツを取り付けたら椅子を両サイドに接着。
背もたれ部分は曲げておきます。


20160215kongo011.jpg
椅子を取り付けたら銃身の照準器を曲げ、最後に残った弾倉を取り付ければ完成です。


20160215kongo013.jpg
20160215kongo012.jpg
やっと完成したパーツ。
大きさ比較にHGバルバトスの手首を置いてみました。


20160215kongo015.jpg
苦労した甲斐あってかなり精密に仕上がります。
このサイズで銃口が開いているのが恐ろしいです。


20160215kongo014.jpg
最初はかなり時間がかかってしまったのですが段々慣れてきていくらかスムーズに組めるようにはなりました。
とは言えやはり小さすぎて大変です。
20個必要なので残りを頑張って進めていこうと思います。

(amazon)



■フジミ 1/350 金剛(あみあみ)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.