20160314444001.jpg
船体の接着などを進めていたフジミの金剛。
パテが乾いたらマスキングテープを剥がしやすりがけをして合わせ目を消します。

20160314444002.jpg
パーティングラインなども処理してしまいますが
鋼板の継ぎ目は凸モールドで再現されているのでやすりがけは慎重にする必要がありました。


20160314444003.jpg
後は用意したスタンドに合わせ船体に穴を開け、リーマーでボルトの太さにまで広げました。


20160314444004.jpg
スタンドの穴に合わせたら桁パーツに受け側のナットが干渉してしまったので
桁パーツを一部カットしてナットを組み込みました。


20160314444005.jpg
問題なく固定できるのが確認できたらプラ板の切れ端にシアノンを盛ってナットを固定しておきます。


20160314444048.jpg
後は舷窓をドリルで開口。
大部分が塞がれているので赤城ほど苦労はしませんでした。


20160314444049.jpg
表面処理とサフを繰り返して船体パーツの処理は完了。
サフはオキサイドレッドサフを使っています。
後はスクリューなどの取り付けですがシャフトは金属棒に置き換えようと思います。


20160314444044.jpg
船体の表面処理の合間に残った連装機銃を作ります。
パーツは真鍮砲身含め全15パーツです。


20160314444045.jpg
一部パーツが変わっているものの、基本的には三連装機銃と変わりません。


20160314444046.jpg
砲身の上に取り付けるパーツは塗り分けた後に接着する方が塗装しやすそうなので残しておきました。
また砲身にかぶせるように曲げるパーツもまだ曲げていません。


20160314444047.jpg
こちらは数が6基なので三連装と単装に比べればだいぶ楽でした。
次は舵やスクリューなどの加工と塗装を進めます。

(amazon)



■フジミ 1/350 金剛
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.