2016033000001.jpg
船体の作業に入っているフジミ1/350金剛。
マスキングが終わったので甲板パーツを切り出しゲートを処理したら仮組してみます。
幸い接着が上手くいったようで甲板の間に大きな隙間ができたりする事もなく修正は必要ないようです。

2016033000003.jpg
甲板ですがディテールアップセットに入っている木製甲板を使います。
このシートはプラの甲板パーツの上に貼り付ける非常に薄い木製のシートです。
他にもプラからエッチングなどに置き換える所も数多くあるので甲板を接着する前に削り取ります。


2016033000004.jpg
説明書をよく確認しながら削り取る所に印を付けておきます。


2016033000005.jpg
ニッパーで大まかに切り取ったらヤスリで平らに仕上げます。
しっかり削り取らないと木製甲板が浮いてしまうので気をつけて作業しました。
木製甲板で覆うので板目のモールドが消えても気にしません。


2016033000006.jpg
こちらは船首側の甲板。
小さい隙間を削ったりしないといけない所が多いので
細切りのプラ板にヤスリを貼り付けた物などを用意しておくと便利です。


2016033000009.jpg
削り終わったら接着して一度船体を塗装するのですが、カタパルト甲板の加工が残っているので一旦ここで止めておきます。


2016033000007.jpg
残った高角砲の組み立て。エッチングにある虫眼鏡状のヒンジを90度曲げるのが正しいと教わったので修正して組みました。
これで大量にあった高角砲と機銃類の組み立ては完了。
手間がかかる上、同じ物を大量に組まないといけないので
個人的には最初に済ませておいたほうが気が楽だと思います。


2016033000008.jpg
後は説明書通りに進めて行きます。
カタパルト甲板もモールドやラッタルを削り取り平らに加工。


2016033000010.jpg
この上にエッチングパーツを貼り付け、軌条のエッチングなどを組み込んでいきます。

(amazon)



■フジミ 1/350 金剛
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.