20160421111010.jpg
塗装を進めていた1/100グシオン。
今回は最後の仕上げを行います。
まずは塗装剥げの書き込みですが今回はボークスで売っているファレホのダークグレー(水性アクリル)を使います。
以前はエナメル系を使っていたのですがエナメルを薄く塗ったりウォッシングをした後で書き込む場合
水性アクリルの方が自分は使いやすく感じたので最近はこちらを使うようになりました。
乾燥する前なら水に浸した綿棒などで修正も可能です。

2016041999002.jpg
2016041999003.jpg
まずはドライブラシの要領で筆の塗料をティッシュなどで拭ってから
筆先でトントンとスタンプするようにしたりそのままドライブラシのように擦り付けたりして
塗装が傷んだ状態を再現します。
ドライブラシをする時よりも若干塗料を多めに残すと作業しやすいです。


2016041999004.jpg
続いてできるだけ細い面相筆を使い塗装剥げを書き込んでいきます。


20160421111003.jpg
擦れたような傷も面相筆で書きアクセントにします。


20160421111004.jpg
基本的に装甲のカドなどに書き込んでいきますが
盛り上がった所や擦れそうな所はエッジに書く大きさより大きめの塗装剥げにするとより雰囲気が出ると思います。


2016041999005.jpg
20160421111002.jpg
今回は大きなダメージ表現などは入れないのであまり大きな傷は書かず
エッジを中心にチマチマ小さい塗装剥げを加えていきました。


20160421111006.jpg
後は肩アーマーの突起部分などは塗装剥げを書き込んだ上から
鉛筆でなぞり金属光沢を加えます。


20160421111007.jpg
鉛筆でなぞるとこのような鈍い金属光沢を出す事ができます。


20160421111008.jpg
後は足パーツにアクリル溶剤で溶いたコンクリート色のピグメントを適当に塗り


20160421111009.jpg
乾燥した綿棒で大部分を擦り落として埃を軽くつけておきました。


20160421111011.jpg
機体が大きいので塗装剥げの書き込みは結構時間がかかってしまいましたがなんとか終了。
後は多少修正を加えながら機体を組み上げて完成です。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・MG ゼータプラスユニコーンver

(amazon)



■1/100 ガンダムグシオン (あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.