20160621111001.jpg
201606212121112.jpg
前回に続き艦橋の作業を進めていく金剛。
羅針艦橋までは終わったので下部見張所、副砲指揮所、戦闘艦橋、照射指揮所などを組んでいきます。
まずは戦闘艦橋や照射指揮所にある遮風装置(1枚目の写真の手前側にある格子状のモールド)などのパーツを
エッチングに置き換えるので綺麗にカットします。
遮風装置の所は薄くなるので慎重に少しずつ削り取りました。
その後リノリウム色を残す所をマスクしておきます。

201606211111001.jpg
そして遮風装置などをエッチングパーツで組み立てて取り付けます。


201606211111002.jpg
裏側の補強板や扉、窓のパーツなども置き換え。
細かい作業が続きますが三角板はかなり小さいパーツな割に予備がないので無くさないよう注意が必要です。


2201606211111001.jpg
一度グレーで塗装しマスクを剥がします。
左から副砲指揮所、戦闘艦橋、照射指揮所のパーツです。
以前リノリウムフィニッシュを貼ると書いた抑え金具ですが
奥まった所が貼り辛かったので0.2mmの真鍮線をカットし貼り付ける形に変更しました。


2201606211111002.jpg
窓枠のパーツにはガラスの再現として羅針艦橋と同じく
玩具のパッケージに使われている透明シートを貼り付けています。


2201606211111003.jpg
後は双眼鏡や伝声管など細かいレジンパーツを塗装してから取り付けていきます。


2201606211111004.jpg
戦闘艦橋の探照灯もガラスの再現としてクリアジェルを盛りつけています。


2201606211111005.jpg
下部見張所(左端のパーツ)なども組み、副砲指揮所にループアンテナのパーツなどを取り付け各パーツを完成させます。


2201606211111007.jpg
そして一旦完成させたパーツを接着せずに組んで様子を見てみます。
念入りに仮組みしたのでピタっとはまり特に修正は必要ないようです。


2201606211111006.jpg
だんだん戦艦らしい迫力ある艦橋の姿に近づいてきました。
窓枠のガラス再現は面倒でしたがこうして見てみると結構効果的に感じます。
後は一番上の防空指揮所や背面、機銃と電探などの取り付けが残っていますが
ここを終わらせればぐっと完成が近付くので頑張ります。

(amazon)



■フジミ 1/350 金剛
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.