2016062999008.jpg
残った艦橋のパーツ製作を進めている金剛。
最上段の防空指揮所は裏面の補強板を置き換え、支柱を0.6mmプラ棒で作り直します。

2016062999009.jpg
こちらもやはりラッタルや遮風装置を削り取りエッチングに置き換えます。


2016062999020.jpg
基本塗装を済ませた状態。
リノリウム抑え金具は0.2mm真鍮線を使い、グレーチング部分はタンで塗装しました。


2016062999022.jpg
あとは汚しを入れ、レジンの双眼鏡パーツを配置していきます。


2016062999019.jpg
21号電探と10m測距儀。
こちらはプラパーツの合いがいまいちなのでパテを使って修正した方が楽です。


2016062999018.jpg
電探はエッチングパーツですが、入り組んだ形で塗りにくいので
組む前に内側を塗装しておくと良いと思います。


2016062999021.jpg
2016062999023.jpg
ヤードや背面のフレームパーツなども置き換えるようになっていました。


2016062999024.jpg
塗装&汚しを入れて機銃などを配置。これで艦橋のパーツがやっと揃いました。
とにかく細かい作業が多く、慎重なすり合わせも必須で大変な部分でした・・・


2016062999001.jpg
基部にも機銃などを配置しないといけないのですが
全体的に軽く汚しを入れているため木甲板も汚しを入れる事にしました。
ただ材質が木のため普通の塗料だと厳しいので


2016062999003.jpg
タミヤのウェザリングマスター日本海軍艦船用を使います。


2016062999002.jpg
木甲板色を筆で擦りつけました。
塗料のように染みこむ事もなく適度に汚せて気楽に作業できます。


2016062999025.jpg
汚しを入れた後に機銃や手すりなどを配置し、艦橋部分を組んで確認。
まだ接着前なので軽く組んだだけで、小さいパーツは一部取り付けていない所もあります。
問題ないようなので次は接着する前に配置するフィギュアの塗装を行う事に。


2016062999005.jpg
使うのはフジミの乗組員セットです。こちらを足元のゲートだけ残しランナーのままウォームホワイトで塗装。
1/350という小ささなので顔の肌色を塗るくらいで後はウォッシングしてから乗せていこうと思います。

(amazon)



■フジミ 1/350 金剛
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.