20160707777001.jpg
様々なラッカー系塗料を発売しているガイアノーツからエナメルカラーが発売されたので買ってみました。
価格は各250円(税別)です。

20160707777002.jpg
第一弾のラインナップはホワイト、ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの5色。
ホワイト&ブラックの他に色の三原色がラインナップされています。


20160707777003.jpg
内容量は10mlでいつもの瓶より小さめでした。


20160707777010.jpg
まずはホワイト&ブラックですがどちらもプレーンな色味で艶ありの塗料です。
隠蔽力も十分で伸びの良さもありエナメルならではの使い心地です。


20160707777011.jpg
もちろんエナメル溶剤を使えばラッカーや水性アクリルの塗膜をあまり傷めずにエナメルの塗膜だけを拭き取れるので
スミイレなどにも使いやすいです。


20160707777013.jpg
もともとツヤありの塗料ですがつや消しにしたい場合は以前紹介したプレミアムマットパウダーを混ぜればつや消しにできます。


20160707777004.jpg
乾燥時間が早いと紹介されていたのでタミヤエナメルのブラックと比べてみました。
確かに乾燥は早く、タミヤエナメルでは指紋が付くような時間でもサラサラに乾いています。
ただエナメルは乾燥時間が遅い方が使いやすいという方もいると思うのでこの辺は好みですね。


20160707777005.jpg
ホワイト&ブラック以外の色はシアン、マゼンタ、イエローの3色。
ラッカー塗料はでガイアノーツの純色シリーズやクレオスの色の源シリーズがありましたが
エナメルで色の三原色を手軽に使う事ができます。


20160707777006.jpg
それぞれの色を混ぜる事で鮮やかな紫や緑、赤などが手軽に作れるようになります。
ただラッカーの原色同様隠蔽力はないので隠蔽力が欲しい時は白などを加える必要があります。


20160707777007.jpg
隠蔽力がないクリアカラーなのでキャンディ塗装などもやりやすいですが
下地がメタリック塗料だと種類によっては塗膜を侵す場合があると注意書きがあったので一応本番前にテストした方が良さそうです。


20160707777008.jpg
20160707777009.jpg
ホワイトとタミヤエナメルのブラックを混ぜてみましたが特に問題なく併用する事ができました。
また三原色があるので色味の調整もしやすいです。


20160707777014.jpg
使い心地はエナメル塗料のそれですが、乾燥時間が早めなので手早く作業する事ができそうです。
色のラインナップはホワイト&ブラックに加えシアン、マゼンタ、イエローという
混色や微妙な色の調整などがしやすいラインナップになっていました。

(amazon)


(あみあみ)




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.