hgbc_gya019.jpg
ノーザンポッドと同時に発売されたHGBC ギャ イースタンウェポンズ。
価格は648円です。

hgbc_gya001.jpg
キットの内容はハイパーロングライフル、ビームバズーカ、ランス、ランス用ジョイントパーツ。
今回は支援メカになったりするような物ではなく、シンプルな武器セットになっています。


hgbc_gya002.jpg
まずはランス。
こちらはギャンスロットに付属していたランスに近いですが
ジオンマークを模した先端形状はクセのない一般的な形状の刃になっています。


hgbc_gya003.jpg
ギャンスロットのものと比べて。
グリップの長さは変わりませんが先端の形状が変化しているので若干短くなりました。
また片側には肉抜きがあるのも変わらず。
グリップは共通形状なので刃を入れ替える事もできます。


hgbc_gya004.jpg
インパルスジムに持たせるとこんな感じになります。
18m前後のMSならちょうどよい長さでした。


hgbc_gya005.jpg
グリップの太さはいつも通りなので大半のMSに無改造で持たせられると思います。


hgbc_gya020.jpg
hgbc_gya021.jpg
こちらの武器は若干のカスタム要素があり
ジョイントパーツを使う事でビーム刃(説明書推奨だとSB-6)が取り付けられるようになります。
ただしサーベル刃は付属しないので他のキットから持ってくる必要があります。


hgbc_gya022.jpg
サーベルパーツを外せば3mmジョイントになるのでサーベル以外のものを繋げる事もできました。


hgbc_gya010.jpg
hgbc_gya009.jpg
ハイパーロングライフル。
こちらはZZII付属のものと造形的には特に変わらないようです。
HGBCなので単色ですが合わせ目は一部段落ちになっているのでいくらかは合わせ目が目立たないようになっていますし
グリップも可動します。


hgbc_gya012.jpg
持たせる場合腕を挟み込むような突起があるので干渉するパーツを外したりする必要がある事が多いです。


hgbc_gya011.jpg
ZZIIの前腕に接続するためのピンも邪魔に感じる事があるのでここはカットしても良いかもしれません。


hgbc_gya013.jpg
それと画像は極端な例ですがそもそも腕の太い機体にははまりません。
無改造だと対応する腕の太さは1cm程度までです。


hgbc_gya014.jpg
3つめの武装、ビームバズーカ。
こちらもZZIIに装備されていたビームバズーカですが、新たにグリップパーツが追加され手持ち武器として装備する事が可能です。

hgbc_gya015.jpg
こちらは干渉し辛いデザインなので持たせやすい武器です。


hgbc_gya016.jpg
キットは色も塗りやすいライトグレーの成形色ですが
センサー部分のシールなどはありませんでした。


hgbc_gya017.jpg
hgbc_gya018.jpg
今回はカスタム要素はランスにあるのみなのでだいぶシンプルな武装セットになっています。
ZZIIのビームバズーカを手持ち武装にできたり、
迫力ある長さのハイパーロングライフルが手軽に手に入れる事ができるのは良いですね。
ただランスやバズーカは良いのですがハイパーロングライフルは突起が邪魔する事が多く
無改造ではしっくりはまらない機体も多いと思います。
できれば腕を挟み込む突起は別パーツにして外せるようにして欲しかったですね。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
MG ガンダムヘビーアムズ改EWなどが受注されています。

(amazon)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.