201610066666001.jpg
グリーンスタッフワールドから発売されている葉っぱを手軽に量産できるリーフパンチ。
サイズや種類で様々な物がありますが、
今回は各4種の葉っぱを打ち抜く事ができ汎用性の高いグレイとレッドを買ってみました。
価格はそれぞれ2,160円です。

201610066666002.jpg
葉っぱのサイズは1/35~1/48に対応するサイズですが
種類によっては1/16や1/76に対応するリーフパンチも発売されていました。
グレイが4種類の広葉樹(もみじ系)。レッドが4種類の落葉樹となっています。
オークやカエデっぽいものなど色々ありますが細かい種類までは特に記載されていませんでした。


201610066666003.jpg
使い方は簡単で紙や薄いプラ板などをセットし、そのまま上のボタンを押し込めば葉っぱが量産できます。



201610066666004.jpg
グレイを使い紙を打ち抜いてみました。
特にカドが潰れるような事もなく綺麗に抜けます。


201610066666006.jpg
201610066666007.jpg
スケールは1/35~1/48に対応しているので一般的な戦車模型などに幅広く対応します。
画像は1/35のキットに置いたもの。
紙を塗装すれば好みの色の葉っぱが作れますし
実際の落ち葉を拾ってきてそれを打ち抜けば手軽にリアルな落ち葉を作る事が出来るそうです。


201610066666008.jpg
さすがにガンプラなどには大きすぎますが、下に敷き詰める用途ならそこまで気にならないかもしれません。


201610066666009.jpg
レッドはこのような形です。


201610066666010.jpg
201610066666011.jpg
もちろん紙で作れば簡単に折りまげて表情を作れますし加工しやすさも抜群です。


201610066666012.jpg
下に落ち葉を敷き詰めたくて数が必要な場合でもかさ増しするのは簡単ですし
素材も適当な画用紙やコピー紙を使えば良いのでコストも安く済む便利なツールだと思います。
これからの季節は実際の落ち葉を集めて打ち抜いておいたりするのも良さそうですね。
手軽に色々な葉っぱを量産できるので積んでいる戦車模型などを作る時に使っていこうと思います。

(amazon)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.