20161103333003.jpg
前回は連装砲の作業を進めたPLAMAX島風。
今回は連装砲ちゃんを作ります。
全13パーツでサクサク組み立てられますが、胴体側面に合わせ目が出るのでそこだけは貼り合わせて消しました。

20161103333004.jpg
グレーと金色部分は黒で下地を作り基本色を吹き付け。
塗装は島風に合わせてグレーをクレオス舞鶴工廠色、ペラ部分はクレオススーパーゴールド
砲身キャンバスはクレオスのクールホワイトにタミヤアクリルのデッキタンを混ぜたもので吹き付けています。
種類の違う塗料を使っていますが、ラッカー溶剤で希釈するならラッカー塗料にタミヤアクリルを混ぜても大丈夫です。


20161103333006.jpg
瞳はデカールが付いてくるので気軽に再現できます。
両目と口が一体になっているため位置合わせも楽なのですがこのままだと余白が目立つので


20161103333007.jpg
ある程度乾燥させたらデザインナイフでそっと余白を切り取りました。
切り取った後フチが少し浮く場合があるので(画像だと口のまわりです)
その時はソフターを少し流し込んで再度密着させます。

20161103333008.jpg
20161103333011.jpg
後はパーツを組み上げればおおよそ完成です。
スミイレは後で船体と合わせた色で流しますが汚しは合わない気がするのでこちらは汚さない予定です。


20161103333009.jpg
砲塔交換ギミックがあるのでサイズは島風の連装砲と大体同じぐらいでした。


20161103333010.jpg
HGバルバトスルプスと比べるとこのぐらいです。
実物は小さいですが砲塔が上下して首も回転。
ただし手足は固定です。


20161103333001.jpg
続いて砲塔下部の補強板を置き換えです。
まずはプラのモールドをざっくりニッパーなどでカットしやすりで均します。


20161103333002.jpg
エッチングセットにこれらの補強板はないので汎用エッチングパーツを使いました。
以前赤城を作った時に買っていたファインモールドの帯金とライオンロアの三角板を使うことにしました。


20161103333005.jpg
削り取ったモールドの代わりにそれぞれサイズに合わせカットして貼り付けます。
穴が開いているのでより精密な印象になりますが小さい三角板などはそのままでは大きすぎて合わなかったので
1/700用を買い足して貼り付けました。
残りを進めたら次は魚雷発射管や機銃に移ります。

(amazon)



(あみあみ)

■PLAMAX 島風

■PLAMAX島風用エッチングパーツ
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.