2016124443464006.jpg
魚雷発射管などの組み立てが終わった島風。
接着が乾燥したので艦底色を塗装しました。
今回はクレオスの艦底色にあずき色をまぜ少し明るくしたもので塗装しています。

2016124443464007.jpg
塗り分けラインでパーツ分割されているのですが、
今回は塗装してから組むのではなく、しっかり固定するため先に接着を済ませたのでマスキングをしておきます。


2016124443464008.jpg
魚雷運搬軌条は汎用エッチングに置き換える予定なのでキットのモールドを彫刻刀で取り除きました。


2016124443464001.jpg
爆雷装填台はハセガワのエッチングパーツにも含まれているのですが、
フジミ艦NEXTのエッチングには真鍮挽き物の爆雷パーツなどもあったのでこちらを使う事にしました。


2016124443464002.jpg
キットのパーツと並べて。
爆雷一つ一つが別パーツになっていてシャープに仕上がります。


2016124443464003.jpg
こちらもフジミのパーツで真鍮挽き物とエッチングで作る魚雷パーツが付属しています。
こちらも純正エッチングにはないパーツです。


2016124443464004.jpg
ペラなども別パーツになっているのでちょっと細かいですが
5連装魚雷発射管が特徴的な駆逐艦ですし甲板も賑やかになるので使ってみる事にしました。


2016124443464005.jpg
ホーサーリールも純正エッチングにはなかったので魚雷などと同じくフジミのエッチングを使う事にしました。
グレーのパーツはキットのパーツです。
中央のパーツは後で合いそうなスプリングを買って再現してみたいと思います。
こんな感じでハセガワの純正にないパーツがフジミ艦NEXTエッチングにあったりするので両方あると何かと便利でした。
次も色々な艤装品の組み立てを進めていこうと思います。

(amazon)


あみあみ)

■PLAMAX 島風

■PLAMAX島風用エッチングパーツ
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.