HGオーライザー
今日はHGオーライザーのパチレビューでございます。
HGOO持ってる方はずっと待ち望んでいたオーライザーがついに出ましたねー。
OO自体はHGが一番早くて、オーライザーはHGが最後発。
やっと1/144でダブルオーライザーが再現できます。
長かった!

ではレビューの続きは↓をぽちっと

IMGP3632.jpg
パチパチと組んで前方から。
スタイルは問題ないですねー。
HG基準なので若干丸いところありますがなかなかシャープです。


IMGP3633.jpg
左右の小さい翼はもちろん展開可能。
コンプロでは動かなかった後ろのサイドスラスターも左右に動かせます。
本体後ろの青いテールスラスターも若干左右に振る事ができます。


IMGP3634.jpg
裏側から。かなり色分け頑張ってますねー。
小さめのシールが付属しているのでそれで色は補えます。
キャノピー?っぽいセンサーユニットはクリアパーツで見栄えもよろしいです。


IMGP3635-1.jpg
付属のスタンド&シールド。
それにGNソードランサー状態用のグリップパーツ。
HGでもやっと揃った・・・が、ビーム刃がないよ!
正直1000円にしても付けるべきだったと思います。


IMGP3637.jpg
コンプロではできなかったカタール状態も可能。


IMGP3638.jpg
連結してシールドへ。白い刃は伸縮可能ですが
青い部分のスライドは一度外して差し替えて長短を再現します。


IMGP3639.jpg
とりあえず誰もがやるであろうドッキングセンサー


IMGP3641.jpg
合体してダブルオーライザーに。
GNドライブを垂れ下げておくと横幅広すぎてかっこ悪いのですが
少し上にずらしておくとアラかっこいい。
かなり迫力ある姿になります。


IMGP3655.jpg
正面から見ても良いバランスかと思います。
自立性が心配でしたが問題ないですねー。
しっかり自立します。


IMGP3642.jpg
後ろから。
GNドライブや腕はすり合わせまだしていないのでパチで組んだものを取り付けています。


IMGP3643.jpg
GNドライブが回転しないロボ魂なんかだと結構厳しかったんですが
HGはかなりGNドライブの自由度があるので色々な表情がつけられます。


IMGP3653.jpg
ランサーは柄を差し替え。かなりタイトではありますが両手でも持てます。
しっかりはめて保持する形なのでグラグラやすっぽ抜けなどはありません。



IMGP3644.jpg
ダブルオーライザー時にもオーライザー時にもシールド取り付けられますが
正直蛇足ですね。あまりかっこよくないと思います。


IMGP3645.jpg
前に向けたりもバッチリ。
本当はタケノコ部分だけ回転するんですけどね。


IMGP3647.jpg
巡航状態も。ウーンカッコイイ。
一番好きなバランスです。


IMGP3648.jpg
コンプロと。ロボ魂のように垂れ下がる事はなく保持はしっかりしています。
もしヘタれてもポリなんでリペアは楽ですね。


IMGP3650.jpg
以上。HGオーライザーレビューでした。
これでハイコン、ロボ魂、HG、1/100と出揃った訳ですが
HGは個人的には一番オススメできます。
が、ビーム刃はつけてほしかったよ!
透明プラ板切るにしてもこのサイズだとイマイチですよねえ。
どうしてつけなかったのか理解に苦しむなあ。
HGデュナメスのピストルみたいにトランザムモードやなにか支援機2号みたいなのにつけるんでしょうかねえ・・・
それ以外は文句なし。
保持もしっかりしてますしハイコンではオミットされた部分も可動しまのでHGOO持ってる方は是非。


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.