bandaitie001.jpg
前回発売されたUウイングと同時に発売されたビークルモデルのタイ・アドバンストx1とタイ・ファイターのセット。
価格は648円です。

bandaitie003.jpg
ビューポートなどを補うマーキングシールが付属します。


bandaitie002.jpg
まずはタイ・ファイター
いつも通りのスナップフィットキットでベースのブラックを除きグレー一色の単色成形です。
付属のベースで浮かせた状態のディスプレイも可能になっています。

bandaitie004.jpg
bandaitie005.jpg
bandaitie006.jpg
パーツ数もわずかであっという間に組み上がるのですが
ビューポートなどはシールまたは塗装の必要があります。
また両端のソーラーパネルも単色でシールも付属しないため、配色の再現には塗装が必要です。


bandaitie007.jpg
bandaitie009.jpg
ビューポートまわり。
下部の砲身ですがこの小ささでしっかり銃口のモールドがあります。
また合わせ目も左右のアームの上下に出るぐらいで極力モールドをまたがない分割になっていました。


bandaitie008.jpg
bandaitie011.jpg
ソーラーパネル基部。
内側の基部は別パーツ化されていました。
こちらもやはり繊細なディテールでこれだけ拡大しても非常にシャープ。


bandaitie010.jpg
1/72版と並べて。
色分けやビューポート周りは簡素になっているものの
ソーラーパネルなどのディテールは1/72譲りです。


bandaitie012.jpg
bandaitie013.jpg
bandaitie014.jpg
続いてタイ・アドバンストx1
タイ・ファイターと同様に単色成形。
ビューポート周りはシールで補えますがやはりソーラーパネルは塗装が必要です。
ですがソーラーパネルにある丸いディテールも薄くかなりシャープに作られています。


bandaitie016.jpg
bandaitie015.jpg
大きく形状を変えたソーラーパネルや機体後部も細かく再現されていました。
またダボの形状も工夫されていて組み間違えのないよう配慮されているのも変わらずです。


bandaitie018.jpg
bandaitie019.jpg
こちらも銃口のモールドがあったりしますし
左右のアーム部分にあるメカモールドも特別別パーツになっていたりはしないのですが立体感のある作りでした。


bandaitie017.jpg
タイファイターとは違う格子状のソーラーパネルも細かくモールドされ
基部も別パーツ化されています。


bandaitie020.jpg
1/72版と。
こちらもほどよい大きさになりちょっとしたスペースに飾れます。


bandaitie021.jpg
スタンドジョイントがありこちらを使う事で1つのベースで2機同時に飾れます。
今までのビークルモデル同様単色なのでソーラーパネルは塗装が必要ですが
あっという間に組めますし数も揃えやすい大きさです。
これまでと同様にちょっとした時間で楽しめる精密感のあるキットになっていました。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・ダースベイダー ホログラムVer

(amazon)





テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.