2017051135324003.jpg
まずはフレームから進めていくことにしたボークスIMS L.E.D.ミラージュ。
ゲート跡やパーティングラインを処理しながらパーツを組んでいきます。

2017051135324001.jpg
キット精度ですが以前組んだネプチューンと同じような感じで
同社のボトムズシリーズよりは若干劣る印象でした。
貼り合わせる部分に隙間が出る時があるので予め接着面を均しておくと
パテを使わずに済み後々楽です。
それとダボやピンもキツすぎる所があるので微調整は必要でした。


2017051135324007.jpg
フレームは見えなくなるファティマルームなども再現されています。


2017051135324002.jpg
入り組んだディテールのパーティングラインはデザインナイフの先などで処理しておきます。


2017051135324004.jpg
接着して問題ない箇所は接着して貼り合わせておきます。
複雑なデザインなので合わせ目を消すのは結構大変そう。


2017051135324006.jpg
太腿のフレームですがここは複雑な塗り分けが必要なので


2017051135324005.jpg
挟み込むパーツを画像のように3分割して後ハメ加工しておきました。


2017051135324010.jpg
今回下半身の関節は固定で組みます。
固定用の関節パーツは溝がありきちんと角度を揃えられるようになっていました。
可動、固定共に足首はBJですがほとんど動かないのでグラつく事はなさそうなのですが
ちょっと様子を見て緩くなるようだったらガッチリ固定したいと思います。


2017051135324008.jpg
細かいパーツは取り付けていませんが腕を除きフレームのパーツが揃いました。


2017051135324009.jpg
1/100のガンプラ(バエル)と並べて大きさ比較。
結構大きめでこれにフレームランチャーが付くとなるととんでもないボリュームになりそうです。


2017051135324011.jpg
仮組みして気がついたのですが
足首のBJをはめ込んだ後取り外したら
根本の厚みが足りないのかこんな感じに白化して破損しそうになっていたので


2017051135324012.jpg
一旦接着を剥がしエポパテを充填しておきました。
これから作ろうと思っている方は忘れずに補強を入れておいたほうがよさそうです。

(amazon)
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.