20170518743662010.jpg
前回胴体や脚部のフレームを組んだL.E.D.ミラージュ。
今回は残ったフレーム部分を進めていきます。
こちらは腕部フレーム。

20170518743662011.jpg
こちらは肘部分が普通の肘関節の他、もう一つ内側に曲がる関節があります。


20170518743662012.jpg
この部分ですが、ポリキャップに軸をはめるとポリキャップが広がってプラパーツに負荷をかけて白化します。
今回はポーズ固定で作るので保持力はあまり気にせずポリキャップをドリルで若干広げあまりきつくないようにしておきました。


20170518743662002.jpg
続いてフレームユニットです。
こちらはタンク部分ですが芯になるパーツに複数のパーツを取り付けて再現します。


20170518743662003.jpg
仮組みでテープが使い辛い所は瞬着の点付けやブルタック(強く貼り付く練り消しのようなもの)で組んでおきます。


20170518743662004.jpg
20170518743662005.jpg
各パーツはモナカが多いのでプラ接着剤で貼り合わせておきます。


20170518743662007.jpg
合いが悪く隙間が空くパーツも多いのでそのままだと隙間が開くようなパーツは
接着時にクリップやクランプなどでしっかり固定しておきます。


20170518743662006.jpg
イレーザーファンクション部分。
こちらもフレームとなる内側のパーツですが細かくパーツ分割されています。
フィン部分も抜けていて塗り分けたりすると映えそう。


20170518743662008.jpg
細かいパーツは付けていませんがフレームユニットのフレームを組んでみました。
この時点でも結構なボリュームで造形もかなり凝っています。


20170518743662009.jpg
反面比較的スムーズだった本体に比べ組むのは難しく
マニホールドなど結構無理矢理接着しないといけない部分が多そうで骨が折れそう。
塗装と組む順番をしっかり考えておこうと思います。


20170518743662013.jpg
フレームの色も調色しようと色々メタリックパープル系の色も準備しました。
次は仮組&表面処理などを進めつつフレーム色を作っていこうと思います。


(amazon)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.