2017060121435006.jpg
前回フレーム色の調色などを進めたLEDミラージュ。
今回は白い装甲色の調色などを進めます。

2017060121435004.jpg
パーツは半透明なので透明感を生かしたまま塗装していくのですが
画像の中央あたりにあるゲートから分かる通り
パーツはアンダーゲートではないので切り離しはかなり神経を使いますね。
ニッパーで大まかに切り少しずつデザインナイフで整えていきます。


2017060121435005.jpg
あとはヤスリで処理しますが当然サフは吹けないですし
今回は光沢かつメタリック塗装なのでヤスリは4000番までかけます。
こちらは処理したパーツ。


2017060121435008.jpg
当然合わせ目も出るパーツがいくつかあるのですが
こちらは速乾性の流し込み接着剤を流しながら接着し合わせ目を消しました。
ただ半透明パーツで内側も若干透けるため、どうしてもうっすらと線が出てしまうので
あまり目立つようだったら軽く白を吹いてから塗装しようと思ってます。


2017060121435001.jpg
パーツのシャープさは申し分ないのですが、画像のように反りがありぴったり合わない部分があります。
このぐらい細いと接着してむりやり矯正するのも難しいので


2017060121435003.jpg
熱湯に数秒漬けてから少しずつ曲げては冷やしを繰り返し修正します。


2017060121435002.jpg
ダボなどもきつすぎる所があるので修正しておきます。
半透明パーツで後からの修正なども厳しいので仮組みは入念にしたほうが良いと思います。


2017060121435007.jpg
白い装甲の塗装ですが成形色の状態でもそこまで透ける訳ではないので
極力透明感が消えないように
クリアーホワイト、スーパークリアIII、クリアシルバーの3色を混ぜて塗る事にしました。


2017060121435010.jpg
吹き付け後。
(メタリック感がわかりやすいように黒背景で写真を撮っています)
サフを吹かないで塗装するため塗料がタレやすいので
最初は遠目から軽くシュッシュッと吹き、ややザラついた塗膜を作り足付けをしたら
それより濃い目の濃度で希釈した塗料をタレる寸前までブワっと一気に吹き付けます。
一気に吹き付けるため慎重に塗装する必要がありますが光沢が出しやすいです。


2017060121435012.jpg
そしてスーパークリア3とパールシルバーを混ぜたものでコート。
6:4ぐらいでクリアを多めに混ぜておきます。


2017060121435011.jpg
これでパールの輝きを強調しておきました。
パール系の塗料はある程度の濃さがあるとどうしてもツヤが鈍るのでスミイレなどをしたらウレタンクリアでコート、研げる所は研ぎ出す予定です。
サフレス+メタリックなためホコリがついた時などのリカバリが難しいので
こういった塗装をする時は周りを掃除して服も繊維が飛びにくいものを用意しておくと楽です。
自分は空気清浄機も置いてますがかなりホコリのトラブルに悩まされる事が減りました。
これで塗料の調色は終わったので後はひたすらすり合わせ&フレームの塗装を進めます。

(amazon)




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.