20180227129483001.jpg
定期購読だと隔週で配送されているデアゴスティーニのR2-D2。
今回は6&7号の紹介です。
パッケージは前回同様簡素なものになっていてパーツはブリスターではなく袋入りになっていました。

20180227129483002.jpg
6号の内容はLCDスクリーンとスクリーンを取り付けるシャーシフレーム。
それに電源ケーブルがセットされています。

20180227129483003.jpg
20180227129483004.jpg
LCDスクリーンはR2-D2の診断ディスプレイに使われるもので
基盤に直接スクリーンが取り付けられていました。


20180227129483005.jpg
組み立ては画像のようにディスプレイをフレームにはめ込んで5号付属のビスで固定するだけです。
銀色のパーツは塗装済みパーツでした。


20180227129483006.jpg
パーツの組み立てが終わったら発光テスト。
テスト基盤と電源ボックスに繋ぎ発光するかチェックします。


20180227129483007.jpg
テストしてみましたが無事発光しました。
発光パターンも複雑で様々なパターンで点滅するのが面白いです。


20180227129483008.jpg
続いてこちらは第7号。
梱包などは6号などと同じです。


20180227129483009.jpg
こちらは6号に比べるとあっさりした内容で頭部フレームのパーツと脚部ディテールアップパーツ。


20180227129483010.jpg
前もって組んである頭部フレームパーツにフレームをさらに足します。
こちらも5号についているビスを使うので紛失には注意です。


20180227129483011.jpg
後は脚部バルブを重ねてネジ止めするだけです。
両端のパーツは金属パーツでどれも塗装されていました。


20180227129483012.jpg
今回もサクッと終わる内容ですがたまにLCDディスプレイのような発光パーツが混ざると
実際の光り方が見えますし完成するのがより楽しみになりますね。
次が届いたらまた紹介しようと思います。

(amazon)





テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.