FC2ブログ
201804092882374001.jpg
やっとNoも2桁台になった週刊R2-D2ですが今週は12~13号が届きました。
12号はパーツの形状の関係で今までで一番の厚みがあります。

201804092882374002.jpg
まずは12号の内容です。
こちらは左からフレームベース、ドームフレーム2種、脚部フレームコネクター、金属製の右脚部フレーム2種となります。


201804092882374003.jpg
201804092882374004.jpg
組み立てですがまずは以前から組んでいる頭部フレームにドームフレーム2種をそれぞれビス止めします。



201804092882374005.jpg
続いて脚部フレーム2種を画像のように合わせ、こちらもビスとナットで固定します。


201804092882374006.jpg
さらに10号に付属した脚部フレームをフレームコネクターで繋ぎます。


201804092882374007.jpg
これで右脚部のフレームが完成。
残ったフレームベースパーツは次号で使います。


201804092882374008.jpg
続いて13号。
こちらはドームフレーム2種、フレームベースレッグ3種、フレームリング&リングコネクターが付属します。


201804092882374009.jpg
組み立てですがこちらも各号バラバラに付属しているドームフレームを頭部フレームにビス止め。
これで2段目までフレームが組めました。


201804092882374010.jpg
そして12号に付属したフレームベースにフレームベースレッグ3種をビスで固定。


201804092882374011.jpg
そして11号に付属したドームサポートロッドを取り付けます。
3号に渡ってスタンドが分割されているのはちょっと笑ってしまいましたがこれに頭部フレームを取り付けます。


201804092882374012.jpg
頭部フレームを取り付け。とは言ってもただ乗せるだけです。
こんな感じで保管&作業台に使うようです。


201804092882374013.jpg
頭部フレームにはベアリングが仕込まれているのでクルクルと回転します。
まだ可動ギミックがある部分などは組めていませんがやっぱり最後の方まで引っ張られるのか気になりますね。

(amazon)




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.