201805109323001.jpg
主砲の20.3cm砲の作業を進めていた高雄。
砲身は金属挽き物パーツがセットされているのでこちらに交換する事にしました。

201805109323006.jpg
主砲をカットし、キャンバス部分に0.4mmのドリルで穴を開け真鍮砲身を取り付け。
パーツ自体が小さく、ドリルがズレるとフチが欠けてしまうので
しっかりニードルかそれより細いドリルでアタリをつけて作業すると安心です。


201805109323002.jpg
続いて測距儀のパーツも一部エッチングに置き換えます。


201805109323003.jpg
エッチングを箱組みしてプラパーツを一部カットして接着。


201805109323004.jpg
後は残った手すりや支柱パーツを取り付けます。


201805109323005.jpg
これで残りの砲塔も完成。一通り砲塔のパーツも揃いました。

201805109323013.jpg
201805109323012.jpg
続いて機銃類の製作に移ります。
こちらもエッチングが用意されているので慎重に切り出し。
単装機銃は2パーツ、三連装機銃は4パーツです。


201805109323008.jpg
単装機銃の方は折り曲げて台座に接着。照準も再現されています。


201805109323015.jpg
三連装機銃はパーツが少ないものの椅子や照準器などを含め複雑に折り曲げる必要があり
砲身も異様な細さでとにかく歪まないように加工するのが大変でした。


201805109323014.jpg
プラパーツと比べるとかなり精密な機銃になります。
ですがやはり金剛の機銃同様最初の1つはめちゃくちゃ時間がかかってしまいました。
数をこなせば慣れてくると思うので慎重に組み立てて数を揃えていこうと思います。

(amazon)





テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.