FC2ブログ
20180805527823008.jpg
HGBCで発売されたビルドハンズ 角型&丸型。
こちらは様々なキットに使える手首が複数セットされているキットで
指の形状の違いで角型と丸型の2種類が発売されました。
価格はそれぞれ648円です。

一部のディテールを除き、作りは以前紹介した
■HGBC 次元ビルドナックルズ「角」 レビュー

■HGBC 次元ビルドナックルズ(丸) レビュー

とほとんど変わらなかったので今回は簡単な紹介です。

201808055278230029.jpg
キットですが以前発売された次元ビルドナックルズとほぼ変わらず
パーツのサイズや構造なども同じでした。


20180805527823010.jpg
ただタグの名前は変わっていました。


2018080552782300230.jpg
左側が今回のビルドハンズ、右側が次元ビルドナックルズなのですが
組んでみても角型についてはまったく同じに見えます。


20180805527823011.jpg
キットはS,M,L3サイズの平手、拳手、武器持ち手が組めます。
2ランナー入っているので
画像の3サイズ左右分の手首が2セット組めます。
また武器持ち手は最近の共通HGフォーマットの物なら大抵の武装を持たせる事ができます。


20180805527823012.jpg
ディテールもそこまで多くなくスッキリとしたモールド。
3サイズあるので色々な機体に合わせられます。


20180805527823016.jpg
手首はBJなので取り付けも簡単で手軽に交換可能です。
こちらはSサイズ


20180805527823017.jpg
Mサイズ


20180805527823018.jpg
Lサイズとなります。


20180805527823014.jpg
どの手首にも可動軸があり、格闘ポーズなども取りやすいですが
突くようなポーズの向きには可動しません。


20180805527823015.jpg
また陸戦型ガンダムなど一部のキットだと軸がちょっと長く感じる場合もあります。


20180805527823020.jpg
続いて丸型。
こちらもセット内容は変わらず、平手、拳手、武器持ち手が3サイズで
2セット組む事ができます。


20180805527823021.jpg
サイズ比率も角型と特に変わりませんでした。


20180805527823022.jpg
こちらの構造も次元ビルドナックルズと変わらずディテールなども平手以外は同じだと思います。
左がビルドハンズ、右が次元ビルドナックルズです。


20180805527823023.jpg
ただ平手は違いがあり、以前は無かったモールドが追加。
よりMSらしいディテールに変更されていました。


20180805527823024.jpg
HGアクトザクに取り付けてみました。
Sサイズ


20180805527823025.jpg
Mサイズ


20180805527823026.jpg
Lサイズです。


20180805527823027.jpg
作りなどは以前発売された次元ビルドナックルズと変わらないので
可動軸があるため細かい動きが付けやすく
またディテールもビルダーズパーツHDのMSハンドと比べるとシンプルなのも変わりません。
角型は次元ビルドナックルズでも代用可能だと思いますが
丸型は平手の指モールドが追加され、よりMSに合う造形になっていたので
今から買うならビルドハンズの方がおすすめです。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・HGUC ユニコーンガンダム(光の結晶体)などが受注されています。

(amazon)





テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.