MGシナンジュ完成2.jpg
さて昨日の続きで今日はシナンジュレビューの続きでございます。
武器つけるのや動かすのやっぱり怖いよ!
テカテカ塗装+手袋なのでうっかり落としそうでヒヤヒヤでした。

■2月10日 画像数点追加、差し替え

では続きは↓か画像をぽちっと

MGシナンジュ
では武器を持たせてフル装備へ。
シールドは肩にマウントもしくは腕に挟み込んでつけられますが
挟み込みの方は塗膜を削る気マンマンなので、
塗装しちゃった人は肩にマウントしたほうが良いと思います。


msn-06sSINANJU
ライフルは袖が邪魔して溝にはめ込むのは難易度高いです。
ただまあダボピン使わないと持てないって訳でもないので特に問題ないかな。


IMGP4259.jpg
ライフルはグレー一色なんですがちと寂しかったので
■(C)メッキシルバー
■(C)クールホワイト+(C)ニュートラルグレー
■(C)モンザレッド
■(F)ライトガンメタル
■(C)焼鉄色+(G)スターブライトシルバー少量
で塗り分けています。


IMGP4260.jpg
そしてバカっとスラスター全展開。
こうするとシルエットがより放射線状になるのでカッコイイですねえ。


IMGP4261.jpg
銃は光沢仕上げ。
■(G)蛍光クリアーを吹きっぱなし
デカールは指示通り全部貼りましたよ・・・
脹脛のナンバーデカールや肩のとこなんかは
曲面に大きめのデカールはるのでインレタじゃかなり厳しいです。
水転写オススメ。

IMGP4284.jpg
こんなとこに余白つきのインレタは難易度がたかすぐる・・・


IMGP4285.jpg
リアアーマー裏は塗り分けてますがちょっとしか見えなくて無念


IMGP4287.jpg
スラスターカバーの裏側なんかは黒鉄色使ってます。


IMGP4286.jpg
ライフルのスコープは取り外し可能。ライフルは腰にマウントできますが
スコープを外さないといけません。
ちなみにスコープレンズやモノアイはルミパウダー使ってるので夜光ります。


IMGP4289.jpg
スタンドで飛ばせて見る。
でかいMSでABSフレームみっちりなので当然自重がかなりあります。
アクションベース1じゃないと支えられない感じがします。


IMGP4263.jpg
バーニアの塊ですっ飛んでいきそうな後姿。
足首のシリンダーは以外と目立ちます。
塗り分けておくと良いかも。


IMGP4264.jpg
ボリュームのあるMSはあまり動かないもんですけどこれはかなり動きます。
関節構造はガンダムVer2に近い感じ。
肩や足がかなり動くのでポーズが決まります。


IMGP4265.jpg
肩は引き出し&跳ね上げ構造。
腰もちゃんと動きます。ですがパイプはずれには要注意。


IMGP4268.jpg
シールドアックス&ビームサーベル。
このボリュームでこの武器の長さはヤバイ。
自分の撮影ブースじゃ全景無理です。


IMGP4270.jpg
ビームアックス状態。
クリアー刃は
■(C)蛍光イエローと(C)蛍光オレンジのグラデ塗装。
中心部には蛍光イエローにホワイト混ぜて吹いてます。


IMGP4269.jpg
やっぱりサザビーみたく投げたりするんでしょうかね。


IMGP4271.jpg
アーマー類は大きいですが可動の妨げにはなりません。
腰後アーマーの裏は目立つと思って気合入れて塗り分けたら
ほとんど見えないという罠でした。


IMGP4272.jpg
凄くカッコイイけど長すぎる連結ナギナタ状態。
これで飾りたいけど場所がなあ・・・


IMGP4273.jpg
では色レシピでも全て1200番サフの上から塗ってます。
■フレーム色→(C)エアクラフトグレー+(C)シャインレッド+(C)ブラック
(F)TITANIUM (C)メッキシルバー (C)スーパーゴールド (C)黒鉄色などでアクセント入れてます。
■バーニア→黒下地に(F)フォーミュラクローム、内部は(G)クリアーレッドを上から吹きつけ。


IMGP4274.jpg
■黒→(C)ウイノーブラック→自作フラットクリア
■金→(C)スーパーゴールド→(G)蛍光クリア
■白→(C)クールホワイト+(C)ニュートラルグレー→フラットクリア
■赤→ピンク下地に(F)シルクレッド+(F)ブライトレッド+(G)スカーレット
朱色を加えて旧車っぽい色にしています。
そして赤部分は下地のピンクの時点で一度磨いてます。
トップコートは今回初めて(F)ウレタンクリアGP1を使ってみました。
下地を念入りにして吹けば研ぎ出ししたぐらいのツヤでます。
今回は基本吹きっぱなしでホコリついてしまったとことか目立つデカール回りは研ぎ出ししてます。

ちなみにウレタンクリアは弾性がないので無理にパーツをねじったりするとクリア層が割れますし
毒性もラッカーの非じゃないのでガスマスク必須かと。
後やはりラッカーとは違うので吹き加減が慣れなくてテストピースで結構試しました。
上記のような扱い難さはありますが、
独特のしっとりしたツヤと3日で完全に硬化するスピードは凄い良いですねー。


IMGP4299.jpg
この大きさでしかもよく動くからポーズつけると見栄えがして
メチャクチャカッコイイ。


IMGP4300.jpg
アップ。カッコイイんですがスペース的にこれで飾るのは無理があるなあ・・・


IMGP4275.jpg
しっかしサーベルだけでこの長さ・・・
とんでもない


IMGP4297.jpg
IMGP4295.jpg
ユニコーンと。
こうして見るとシナンジュって胴は意外と細いですね。


IMGP4282.jpg
やっぱりライバルメカあるといいですねえ。
MGで揃えると満足感はかなりのモノです。


IMGP4278.jpg
以上。MGシナンジュレビュー完成編その2でした。
いや動かすのホント恐ろしかった・・・
パチやクリアコートのみならかなりの可動範囲なのでがちゃがちゃ楽しめそうです。
大型キットで部品量も多いですがランナーが練られていて物凄く組みやすいキットです。
この大きさのものがサクサク形になっていくのはホント凄い。
個人的にはかなり良いキットだと思うのですが不満点をあげると
コーションマークがインレタな事でしょうかねー。
これは水転写かシールにしたほうが楽だと思うんですが・・・
まあ不満と言えるものはそのぐらいで楽しめました。
パチでも塗装しても楽しめるキットなので気に入った方は是非どうぞ。
前回のレビューはこちらから

4月に出る小説にはユニコーンガドリングのようにバズーカがつくみたいです。
これどうしようかなーー。実は小説全然読んでないんですよね・・・
ガドリングのために買った4巻すら1pも読んでいないという!





テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.