FC2ブログ
2018102287384001.jpg
やっと40号まで進んだ週刊R2-D2。
最近は脚部の作業が中心でしたが今回はライトセーバーがメインの号となります。

2018102287384002.jpg
40号の内容は左脚外装ケースとライトセーバーヒルト&パワーセルハウジングのパーツの3点のみです。

2018102287384004.jpg
この号での作業は左脚部に外装ケースを取り付けるだけです。


2018102287384003.jpg
ライトセーバーヒルト(左)とパワーセルハウジング(右)はアルミ削り出しのパーツで高級感があります。
これらのパーツは次の41号で使います。


2018102287384005.jpg
続いて41号。こちらはクリスタルハウジング、ブレードエミッター、グリップリッジ
アクティベーター&マウントパーツ、スタビリング、ロックピン、それにビス類が付属します。
クリスタルハウジングやブレードエミッターはアルミ削りだしパーツでした。
樹脂製のパーツのゴールド&シルバー部分は塗装されています。


2018102287384006.jpg
組み立てですが前号に付属したパワーセルハウジングとライトセーバーヒルトを接着(写真左)
そしてパーツのミゾにロックピンを接着。
続いてクリスタルハウジングにアクティベーターマウントをビスで固定し、
アクティベーターのパーツを接着します(写真右)
接着は低白化タイプの瞬間接着剤を使うよう指示されていますが
それでも多量に付けるとはみ出して白化してしまったりするので
ほんの少しだけ付けて接着します。


2018102287384007.jpg
続いてグリップリッジも瞬間接着剤で接着し


2018102287384008.jpg
最後にスタビリング(金色のパーツ)とブレードエミッターを付属のビスで固定します。


2018102287384010.jpg
2018102287384009.jpg
これでジェダイの帰還仕様のライトセーバーが完成しました。
メタルパーツと塗装済みのパーツの組み合わせなので質感も良好。


2018102287384011.jpg
1/2スケールなので大きさもなかなかで程よい重量感もあります。


2018102287384012.jpg
今回はなかなか全体が見えない工程が多い中
届いた2冊のみで完成かつ印象的なライトセーバーという事で楽しく組めました。
たまにこういった届いた号のみで完成するパーツがあると嬉しくなりますね。

(amazon)





テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.