FC2ブログ
20190117289743001.jpg
前回巨大なドームシェルが届いたデアゴのR2-D2。
今回の52&53号では各種センサーのチェックなどをするようです。

20190117289743002.jpg
52号の内容ですがセンサーコントロール基板とキャリブレーションプレートが付属します。


20190117289743003.jpg
センサーコントロール基板は次号の基板と組み合わせて使い
各種センサーをチェックします。


20190117289743004.jpg
52号の作業ですがまずは一度組んだ右脚のフットベースカバーを外し


20190117289743005.jpg
赤外線センサーの基板も一度外し
フットベースと基板の間にキャリブレーションプレートを挟み込みます。


20190117289743006.jpg
もう一度カバーなどをネジ止めして52号の作業は終了。
右脚の組立時につけておいて欲しい感じのパーツでしたが
各号に最低限なんらかの作業工程があるようにしているのかも。


20190117289743007.jpg
続いて53号。こちらはセンサーテスト基板とセンサーテストケーブルが付属しています。
52号の基板と合わせて各種センサーなどをチェックします。


20190117289743008.jpg
まずはテスト基板にケーブルと電源ボックスを接続します。


20190117289743012.jpg
そうしたら右脚と組み立て中の左脚にある超音波センサー用のケーブルを接続。
接続したら電源を入れます。


20190117289743014.jpg
超音波センサーの前にボードか何かをかざすと


20190117289743013.jpg
基板のLEDが青く発光します。
それぞれ左右の脚に対応しているので両方光ればOKです。


20190117289743015.jpg
続いてケーブルを繋ぎ変えて赤外線センサーのチェックです。
何かツヤのない紙などを敷きその紙の縁を通り過ぎるようにスライドさせると


20190117289743017.jpg
20190117289743016.jpg
縁の部分でLEDの発光が弱くなります。
無事弱くなったのでこちらのテストもOKでした。


20190117289743009.jpg
最後にライトセーバーチューブの動作テストも行います。
こちらもケーブルをつなぎ替えるだけです。


20190117289743010.jpg
スイッチを押すとモーターが回転しライトセーバーが飛び出しました。


20190117289743011.jpg
これで今週の作業は終了。
各種センサーなども無事作動していて一安心です。
次は頭部のパネルなどを組み込む作業に入るようです。

(amazon)



(あみあみ)

・ガンプラ等の予約一覧

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.